通りすがりの王子 (エタニティブックスBlanc)

著者 : 清水春乃
制作 : gamu 
  • アルファポリス (2013年7月1日発売)
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 27人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434181412

作品紹介

父親に連れていかれたパーティーで、男にしつこく言い寄られた千速。思わず手刀で気絶させたところを、偶然通りかかった御曹司に見られてしまった! 気まずいけど、二度と会わなさそうだから放っておこう——。そう思っていたら、数年後、就職先でまさかの再会! でも彼は、「地味子」な千速があの時の少女だと気付いていない。このままやり過ごせると喜んでいたら、ひょんなことから正体がバレることに……!? 普通の社会人を目指すお嬢様と、我が道をゆくオレ様御曹司の秘密のラブストーリー!

通りすがりの王子 (エタニティブックスBlanc)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社長令嬢だが地味だができる会社員を装う加藤千早25歳と、俺様な同僚で同期の森瑞穂25歳のロマンス。
    ヒロインの千早が自立してて好感持てる性格で読みやすい。できるOLが地味子は変とか、1年も没交渉でいる意味が分からないが楽しめる作品。
    脇役のキャラもたっていて楽しそうなのでネットのスピンオフを読みに行きます。、

  • Webからの人には好評ですが、書籍から入ったらどうかナ。
    助けるべきときに助けなかった王子様との出会いから、会社の同僚としての関係を含め、8年越しの恋。
    ラストは彼がきっちり助けてくれる嬉しさあり
    素直な展開で、一気に読める楽しさあり

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3185.html

  • とっても爽快で面白かったです。
    女が天然でかつ賢く、強いこういうお話好きです。

全3件中 1 - 3件を表示

通りすがりの王子 (エタニティブックスBlanc)のその他の作品

清水春乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中 二十三
有効な右矢印 無効な右矢印

通りすがりの王子 (エタニティブックスBlanc)はこんな本です

ツイートする