入れ代わりのその果てに〈4〉 (レジーナブックス)

著者 :
制作 : りす 
  • アルファポリス
3.74
  • (3)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434182501

作品紹介・あらすじ

亡き王女の身代わりとして異世界に召喚され、他国の皇子に嫁がされたOL・由香子。元の世界に帰る方法を探りつつも、夫の屋敷でそれなりに平和な日々を過ごしていた。だが突然、馬車で宮殿に連れて行かれ、外出禁止の生活を強いられる。夫であるアルフォート皇子が言うことには、大公の屋敷が襲撃されたらしい。どうやら、2人の結婚に反対する他国が実力行使に出たようで……!? 社会人スキルを駆使して王宮を生き抜くOLの異世界召喚奮闘記、第四弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は、基本由香子がグルグル悩んばかりの回やったので、前回ほどのパンチのあるトンデモ展開はなかった。
    前巻の終わり方がなかなかにバイオレンスやったので、私はてっきり
    由香子、誘拐
    やと思ってたのよね・・・。

    ルーシー他、アルフォートの屋敷に裏切者がいた、みたいな。

    でもそんなことはなかったわ。
    ほんまに避難やったみたい。

    せやけど、リオールの王族に比べ帝国の人たちの腹芸たるや、すごいな・・・。
    いやいや、彼らは裏表がないのかもしれへんけど、いかんせん由香子を通して語られるので、どれも裏があるようにしか見えへんねんな・・・(笑)。

    でも、いよいよ由香子の過去が明らかになりつつあるね・・・!
    1作目からずっと匂わせていた
    「トラウマになっている由香子の近しい人の死」
    は、友人の凛ちゃんだったということが判明。

    凛ちゃんとは小学校時代にかなり仲良くしていたはずやのに、ある日を境に仲違え・・・、と、いうか、由香子が一方的に距離を置いていた? なんだか、何かいわくがあるみたい。
    ほんで由香子は、あまりのショックからか、そのあたりの詳細を忘れている模様?

    何とも言えないお下品(失礼。笑)な研究課題をしている夏に凛から聞いた「重要なこと」って、「(凛に)好きな人がいる」っていうことやんね・・・?
    しかもそれが原因で、由香子と凛の関係が壊れたらしい・・・。

    なんやろうね。ここに転移魔法が使えるアルフォートが絡んできたり、しない?
    しないか?
    由香子以上に私のほうがうがちすぎか。話、ややこしいわな、それは(笑)!!


    そういう意味では、今回もかなりの進展があったね。
    リーザとヨランダがおらんと、筋はかなり進むのか・・・(笑)。それでも彼女たちはチラッと登場していたので、なんかもう逆にコアなリーザとヨランダ推しがいてはるんかもな、とか思った。それはないか。


    ああでもない、こうでもないと思うわりに行動をおこさないことをとても恥じ入っていたのが印象的。
    由香子が感じるほど、由香子を取り巻く環境は悪くないのではないか、と、思うけど、
    「何も行動を起こさない」
    と、いう印象に関しては自己評価も間違っていないのかもね。


    言葉で伝えないと意味がない、と、いわはったアルフォートのためにも、これから少しずつ何かを誰かに話すようになればいいのに。
    それもとても大切なことやと思います。

    なので、明け方の庭で由香子がストレス解消に毒舌(?)を吐きまくるシーンは、もっと見たいわあ。
    ここまでイケメンがさほど登場せず、ラブもないストイックなファンタジーやからね、ちょっとの飴が甘くって、甘くって!!

    由香子とアルのイチャイチャを見てると、さわやか~な気分になります。
    キミら、中学生か! っちゅう具合でかわいい。


    ・・・いやいや、ストレス解消にウィンドウショッピングをするまではいいけど、「大道芸を見る」と、いう由香子は、果たして平成の人なのかどうか怪しいけど・・・(笑)。

    80年代の人じゃない(笑)!?
    ああ、あれか。原宿あたりをウロウロしてたクチの・・・(笑)!! うわハマッてる。ハマッてるわそれ!!


    恋心も愛も、そんなに難しいものではないと思います・・・。
    特に由香子は、自分可愛さばかりで逃げてるわけでもないんやから(臆病が自分可愛さというなら、逃げの理由はそうなるのかもしれへんけど)、他人を頼ることが苦手でも、自分の気持ちを吐露することが苦手でも、だからって人を愛せないというわけではないと思う。




    あっ、そうそう。
    アルとアルフォートは当然同一人物やろうけれども、どうして見た目が違うのかという布石は打たれてたね!
    アルフォートが光の属性であることとか、同じく光の属性であるグラントの髪の色が云々というところとか!

    なるほど、面白い。
    私はてっきり、ヅラなのかと・・・(笑)。

    (2016.10.08)

  • うーん…面白かった

    今までの巻とは違って一冊って感じがした
    それにやっと恋愛が!!
    やっぱり恋愛がないとつまんないよねー

    なんか国の決まりとかがごちゃごちゃ書かれてるのは微妙だし回りくどいから嫌だけど
    やっぱり他の文章がうまい作家さんは上手に世界感を出すよなー

    やっと面白くなってきたけど次でお終いだし借りてきてない…
    あったら5巻読もう

  • 33歳独身OL義息子有の立川由香子が異世界で入れ替わってるミシャイラ・ディリア・リオールの帰還を夢見ながらの異世界王女様ライフ。
    展開が遅すぎてまだるっこしすぎる、ネットの方はまとまるまで読むまいと思っていたが、本も完結するまで読まない方がいいのでは?と思うこの頃です。
    チラチラ出てくる由香子の現世生活が異世界と絡まってくるのであろうが、やたらと反省したりするミシェイラにイライラして、待てない読者は私です。

  • 不敬罪で処刑されないのが不思議なくらいの侍女が出てこなくて安心していたら、やっぱり出てきた……。
    王族相手にあんなことやったら、普通処刑だろ、と思うわけだが。

    割と話も進み始めたので、気になるところです。私はあのきらきら王子様結構好きだな。

  • 結構内容がふくらんでいておどろいたな
    そんで微妙だったところはカットされていて凄く続きがきになる…
    ミシェイラ命な弟くんの登場が嬉しかった!絡みも少し増えてたし

    ミシェイラは最悪姫と世間に噂される自分を娶るはめになったアルフォートを同情してるけど、サフラスタンがごり押しでリオールに取り付けた結婚話で、そのアルフォートの結婚が気に入らなくてミシェイラは毒殺されて入れ代わりされたのに同情って…人が良いよねー
    前回はとにかく突っ掛かって来たベルナデットも気が付けば友達?に…
    次の表紙はミシェイラとベルナデットのツーショットを希望します!リディも楽しみですよ

    アルファポリスのサイトにある番外編を読了に見るのがオススメ!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

愛知県在住。2010年からWebサイトにて小説の発表を始める。

「2015年 『入れ代わりのその果てに7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆなりの作品

ツイートする