レイン〈10〉最後の希望

著者 :
制作 : MID 
  • アルファポリス
3.35
  • (1)
  • (9)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434182723

作品紹介・あらすじ

累計100万部突破! 剣と魔法の最強戦士ファンタジー、待望の第10巻! 知将ルナミスに勝利したサンクワール軍は、さらなる戦いを予感し、大国レイファンへ向かっていた。その軍勢を、謎の組織の宗主クレアによって生み出された“少年時代のレイン”が追う。“現在のレイン”は、サンクワール軍の陣地に侵入した彼と遭遇する。二人の黒衣の戦士。彼らに友情など芽生えない——。「たとえ神が降臨して制止をかけようとも、俺は今ここでおまえを倒す。この狭苦しい世界に、負け犬は二匹もいらない!」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クレアよかたねー
    小レインがクレアについて、クレアは大レインについたらみんな戦えるようになるねー

  • 【図書館本】あーもう疲れた!! 全く集中出来ず、返却期限ギリギリで何とか読み終えた。完璧惰性で読んでるのでもういいか、と思いつつ、既刊未読はあと1冊? 外伝のみなのでもうちょい頑張るか、といった所。
    思うことは毎巻同じなので多くは語るまい。加えるなら小レインに違和感あるのと、小レインはクレアたちを全う(?)な道に進ませるためのコマな気がする、とか。使い捨て感がある。……主人公レインの分身だから、それはない、か? あー次も楽しみ!! って言えない読後ってツラいwww

  • 2014/4/15

  • もはやなんでもありな展開で内容が薄いわりに新たな登場人物が多く、わかりにくい。ここまできたら最後まで付き合うが、そろそろいいのでは

  • 話を終わらせたくない作者もしくは出版社の意向により、無理やり話を続けている某少年漫画の様な状況に陥った感で、盛り上がりも何もなく、また新しい登場人物を増やして、よほどのファンでもない限り、もう誰が誰だか何だか分からなくなっているが、惰性で読む。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

東京都内にて生誕。自分の小説が本になるのを夢見て、せっせと書き続ける。その中でも特に「レイン(雨の日に生まれた戦士)」がネット上で爆発的な人気となり、遂に同作で出版デビュー。著書は他に「魔王の後継者」(ブレイブ文庫)、「異邦人」(幻冬舎文庫)などがある。

「2018年 『レイン15 攻勢に出る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レイン〈10〉最後の希望のその他の作品

吉野匠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

レイン〈10〉最後の希望を本棚に登録しているひと

ツイートする