好感度が上がらない (レジーナブックス)

著者 :
制作 : conoco 
  • アルファポリス
4.25
  • (7)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434194139

作品紹介・あらすじ

裕福な商人の一人娘として、穏やかに暮らしていたリッカ。ある日、そんな彼女に無愛想な義弟ができた。警戒心いっぱいの彼に戸惑っていると、目の前にトツゼン現れたポップアップ画面。そこには名前や年齢、好きな食べ物などなど、彼のステータスが表示されていた! それを見た瞬間、リッカの記憶が蘇る。どうやらこの世界は、前世で妹がプレイしていた乙女ゲームの世界のようだ。そして義弟の好感度は、なんとマイナス30で――仲良し姉弟を目指して、リッカは今日も奮闘中!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 豪商の家に生まれた少女の家にやってきた孤児の少年は、弟となったが彼の「好感度」はマイナスからの始まりで……。乙女ゲーっぽい世界なんだけど、主人公は弟のステータスを見る以外の能力はなくて、フツーに面倒をみていたら仲良くなった?なんか態度が冷たい……けど好感度が0以上にならない……とふてているというお話。
    主人公が特にスーパースペックではない・逆ハーレムではないのがとても(私の)好感度が高く、ネットで読んだ時も楽しく読めた作品でしたが、本になっても面白かった。とりあえず、私は「弟」が好きすぎますね。はい。

  • 好感度が上がらない訳はそういうことだったのね。公爵が孫に対して意地悪でなくてよかったわ。王子様やその他の攻略対象が大雑把に扱われてたけど、まぁ、お助けキャラのヒロインが主人公なので、ゲーム内の主人公のお相手までは話を膨らませないほうがいいかな。

  • 乙女ゲームに転生と言いつつも、逆ハーではなく、ほのぼのです。
    ちょっとだけ育成ゲームっぽかった!

    勘違いににぶい主人公さんが突き進み、なんやかんやありましたが、劇的に盛り上がる感じではないです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2003年からWebで執筆活動を始める。2014年、「好感度が上がらない」にて出版デビューに至る。

「2017年 『好感度が上がらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

好感度が上がらない (レジーナブックス)のその他の作品

かなんの作品

ツイートする