勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナ文庫)

著者 : 富樫聖夜
制作 : 鹿澄 ハル 
  • アルファポリス (2014年8月18日発売)
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434195150

作品紹介

凱旋した勇者様に、突然求婚されてしまった私。自分で言うのもなんですが、平凡な侍女です。モブキャラの私は、「勇者の妻」なんて大役ご免ですから、やんわりお断りさせて頂きましたとも! けれど、勇者様に早業で婚約腕輪をはめられ、「勇者の婚約者」認定されちゃいました。諦めきれず、腕輪を外して頂こうと勇者様ご一行を訪ねたところ、私の身を守るために必要だと教えられ――。……え、私の身に危険が迫っているんですか!? ていうか早速、城内に魔族が現れたようです! お約束無視の新感覚ラブコメファンタジー、待望の第2巻! 特別書き下ろし番外編も収録!

勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 開き直ったアーリアは「真の勇者」の称号をゲット。流されるのではなく、ひとりの男性としてグリードと向きあうことに。勇者じゃない自分をみてもらえるなんて、グリードも喜んじゃうよね。勇者的な性質=諦めが悪くて粘着質って、あー、確かに。

  • 痛快!

  • 今回、勇者サイド殆どなし。なところがちょっと物足りない。イベントもちょっと地味め?伏線の巻なのかな~。

全3件中 1 - 3件を表示

勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナ文庫)のその他の作品

富樫聖夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナ文庫)はこんな本です

勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする