ダィテス領攻防記〈4〉 (レジーナブックス)

著者 :
制作 : ヒヤムギ 
  • アルファポリス
4.15
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434201943

作品紹介・あらすじ

西南の国ランカナとの戦が終わり、ダィテスに帰還したミリアーナたち。騒がしくも穏やかな日常が戻り、平和なひと時を過ごしていた。そんなある日、王城から届いた祝宴の招待状。名指しで出席を促された婿様マティサは、ミリアーナを伴って王都に滞在することに。だけど、そこで大事件が発生! 祝宴の数日後、なんとミリアーナが誘拐されてしまい――? 嫁のピンチに、異世界チート婿様が立ち上がる! 大人気の転生ファンタジー、緊迫の第四巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 公爵家令嬢であり、元王太子の妻が誘拐される!王級加護持ちの婿様激おこです。下手すりゃ王都崩壊の危機かっ!てくらい激おこでした。嫁が無事婿様のもとに帰れてよかったね、誘拐犯よ。これが一筋でも怪我してたら最後、御家崩壊←そのままの意味で瓦礫になってたよ。コシスたんの心労がそちら方面で発散され、侍女のほうが先に懐妊ですかー(笑)

  • ナシェルがダィテスにビックリが1/3。
    残りは王都でミリアーナが誘拐される事件。
    短編「海の国の諸事情」ハヤサの妹弟達の話。
    楽しかった。ネット部分は半分ぐらいで筋立ては目新しくないが、キャラ達の掛け合いとかが魅力的。

  • 巻を重ねるほどに面白くなくなってきたので、途中で断念。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

愛知県出身。2013年「ダィテス領攻防記」にて出版デビューに至る。活字中毒の歴女で腐女子。戦闘シーン、ファンタジー、メカ物が好き。趣味はガーデニングと小説執筆。

「2018年 『ダィテス領攻防記3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダィテス領攻防記〈4〉 (レジーナブックス)のその他の作品

牧原のどかの作品

ツイートする