ゴブリンに転生したので、畑作することにした

著者 :
制作 : Aoki 
  • アルファポリス
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434202452

作品紹介・あらすじ

第7回アルファポリスファンタジー小説大賞優秀賞受賞作、待望の書籍化!
目覚めるとゴブリンに転生していた元人間の俺、グオーギガ。脳筋なゴブリンたちとの集団生活に戸惑いつつも、前世の知識を生かしてサバイバルしていたのだが、ある日、人間たちに住処を襲撃されてしまう。仲間のゴブリンたちと辛くも生き延びた俺は、別の住処で新たな村を作ることを決意。畑作スキルに料理スキル、前世でやりこんだ某ゲームのチート能力をフル活用し、のんびり快適なゴブリン生活を手に入れてやる!
ネット発の異色作! 転生ゴブリンのほのぼの異世界畑作ファンタジー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴブリン転生もの。畑作ができ、スキルで料理したものを食べることでステータスを上げることができるグォーギガ。
    住んでいた集落を襲われ、逃げ出した先で定住を始める。
    ゴブリン、狼、オークらの集団となりいつのまにか族長てきな立場に立つ。
    悪魔つきっぽい熊になぜか狙われるが、隠者クラウシスの封魔の短剣の助言でなんとか助かる。
    こんどこそ平穏に暮らせるかと思ったところにリグキス帝国の騎士がやってきてゴブリン集団をスカウトに来たと話す。

  • ゴブリンに転生していたグオーギガがゲームチートを利用して生きていく話。
    ゲームで使っていた畑作スキルや料理スキルで、徐々にゴブリンたちのレベルを上げていく過程を延々ストーリーにしているだけだが、何故か先を読みたくなる。2巻も読んでしまうと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2014年8月より「小説家になろう」にて本作の連載を開始。同時期に開催されていた第7回アルファポリスファンタジー小説大賞に参加し、優秀賞を受賞。2015年1月に同作にて出版デビュー。ゴブリンよりも犬が好き。

「2016年 『ゴブリンに転生したので、畑作することにした4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゴブリンに転生したので、畑作することにしたのその他の作品

富哉とみあの作品

ツイートする