竜の専属紅茶師 (レジーナブックス)

  • 23人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (0)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鳴澤うた
制作 : みくに 紘真 
  • アルファポリス (2015年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434205484

作品紹介

ある日、彼氏に二股をかけられてサイアクなフラれ方をしてしまったマリカ。大好きな紅茶さえあれば、もうそれでいい! どこか遠くで紅茶に囲まれて生きてやる!! そう息巻いた瞬間、なんと異世界にトリップ!? そこは不思議な動物や竜のいる、魔法の世界。どうやら魔法を勉強中の少女に召喚されたらしい。元の世界に戻ることはできるものの、時間がかかるという。せっかくだから異世界生活をエンジョイすることにしたマリカだったが、一つ大きな不満が……それは、この世界の紅茶の味がとっても微妙なこと! 彼女は、なんとかして美味しい紅茶をいれて、いろんな人にふるまいたいと奮闘をはじめて――?

竜の専属紅茶師 (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二股彼氏と破局して異世界トリップ、
    呼び出した少女に謝られながら、そのお師匠様は実は……。
    ツンデレからの変貌に人が変わったようだと思ったり。

    あと登場人物が非常に少なくてほとんど主人公とそのお師匠様で構成できてる。
    肌の色で大体話が読めてしまうけれど面白かった。

  • 初めてできた彼氏は、実は二股をかけていた、という
    ありえない現実。
    あまりの事に怒り狂っていれば、車にしかれそうになり
    ふと気がつけば、空からの落下。

    そして大好きな紅茶が微妙なものだったため
    奮闘して美味しい紅茶を目指して行くと言う
    頑張る女の子状態?
    そしてそれに反発する、美形が一人。

    非常に分かりやすい、王道っぽい状態です。
    ツンデレ? からの、恐ろしい怒涛の肉食獣変化。
    今までのやり取りがやり取りだったため
    見ている方は非常に面白いです。
    しかしここに来た理由が理由なため、主人公の返答に
    それもそうか、と納得。
    これで流れていたら、ものすごいご都合主義です。

    きれいさっぱり後片付け(?)もできましたし
    後はまぁ…頑張れ?w

全2件中 1 - 2件を表示

鳴澤うたの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋川 滝美
田中 二十三
榎木 ユウ
有効な右矢印 無効な右矢印

竜の専属紅茶師 (レジーナブックス)はこんな本です

ツイートする