ジャポニスム―幻想の日本

著者 :
  • ブリュッケ
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434212406

作品紹介・あらすじ

19世紀末のヨーロッパが選んだNIPPONとは?第19回ジャポニスム学会賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (図書館員のつぶやき)
    こん本の挿絵ばみっだけでん面白かよ。モネ、ゴッホ、クリムト、こがん有名か画家さんたちが、北斎てん広重てん絵にヒントばもろうて応用してあっとよ、並んだ挿絵ば見てみっぎんほんなごて似とっと。ジャポニスムてなん?て思うさね、こん本で日本の影響てんなんじゃいみえてくっかもよ。読むぎん面白かごたっとよ。読んでみらんね。

    訳:この本の挿絵を見ただけでも面白いです。モネ、ゴッホ、クリムト、こんなに有名な画家たちが、北斎や広重の作品にヒントをもらい応用してあります。並んだ挿絵を見てみると本当に似ています。ジャポニスムて何?て思いますよね、この本で日本の影響とか何かが見えてくるかもしれませんよ。読んだら面白そうですよ。読んでみませんか。

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:702.06||マフ
    資料番号:10238803
    --------------------------------------

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

国立西洋美術館館長

「2018年 『パリ装飾芸術美術館浮世絵版画展 1909~1914年 全図録集成 (復刻版) 図録6点・合本3巻+別冊解説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馬渕明子の作品

ツイートする