異世界でカフェを開店しました。〈7〉 (レジーナブックス)

著者 :
  • アルファポリス
3.38
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434215872

作品紹介・あらすじ

ごはんのマズ~い異世界に、カフェを開店した元OLのリサ。カフェは相変わらず大人気だけれど、そのせいで、なかなか入れないお客さんもいる。リサは悩んだ末に、二号店を開くことを決意した! そしてジークと相談した結果、料理人のアランを店長に、接客係のヘレナを副店長に指名する。彼らもこころよく引き受けてくれて、二号店の開店準備が着々と進み始めた矢先、エドガー王太子から思わぬ依頼が舞い込んできて――? 開店前の二号店で、王太子殿下の想い人をおもてなし!? 大人気クッキング・ファンタジー、待望の第七巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こちらの記憶を持っているリサさんと違って、1から学んだアランくんがオリジナル料理を作り出すってものすごいことだと思います。
    その料理が、今この世界にある料理と似たようなものになってしまうのは…作者の発想の限界?それとも読者の想像の範囲を超えないようにという配慮?料理というものは結局似たようなところに落ち着くということなのかしら。
    しかし、リサさんが料理を広める前から、飲み屋さんはあって、なんとなくつまみ的な料理は出てたのね。
    そしてリサさんが来てからも、飲み屋さんはそれなりに経営できているのか。
    お酒の分野に関してはそんなに強そうじゃないしね、リサさん。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

青森県出身。2012年「異世界でカフェを開店しました。」にて出版デビュー。

「2020年 『異世界でカフェを開店しました。8』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甘沢林檎の作品

ツイートする