鋼将軍の銀色花嫁 (レジーナ文庫)

著者 :
  • アルファポリス
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434216091

作品紹介・あらすじ

生まれながらに異形の手を持ち、十八年間、実の父に幽閉されてきた伯爵令嬢シルヴィア。そんな彼女に結婚を申し込んだのは、勇猛果敢と名高き、北国の『鋼将軍』ハロルド。己の手のことを隠しての政略結婚、その上強面で何やら怖い態度をとる婚約者に、シルヴィアはただただ怯えるばかり。だがこのハロルド、実はシルヴィアにぞっこん一目ぼれ! 暴走しそうな想いを堪えるため、なかなか声もかけられずにいたけれど――? 様々な運命の中、とびきりピュアな恋が花開く!? 雪と魔法の世界で繰り広げられるファンタジーロマンス! 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レジーナ文庫の中の桃色成分入ってるやつです。
    とはいってもヒロインもお相手もピュアと不器用の組み合わせなので、
    ガッツリエロではなくて、それなりに描写はされているけどピュアな感じの。
    お話は、ヒロインがあまり自己主張できないタイプなので少しじれったい感じも
    していましたが、お相手の彼の不器用さとのバランスがよくて
    素敵なカップルになっていた気がします。
    キャラ絵と合った、お相手の彼の落ち着きと不器用さだったなと。
    この作者さんの別のお話と若干つながっている部分もあるので、
    特に軍師関係のところは、他を読んでいるかいないかで多少イメージが
    変わったりするかもしれません。
    というか、いつの間にか軍師が妻子持ちになっていたのに驚きました。
    もしかしたらそういうお話があったけど、見落としてたかな…?
    結構あちこちに顔を出していて気になるキャラなので
    もし軍師関係のお話もあれば読んでみたいです。

  • 魔物がいるファンタジーな世界でのロマンスもの。
    異形の手を持つため幽閉されて育てられたシルヴィアと、鋼将軍と呼ばれるハロルドのすれ違い勘違い焦れ焦れなロマンス。
    書き下ろし番外編『シルヴィアの宝探し』後日談。
    ハロルドからシルヴィアへの誕生日プレゼント。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

静岡県在住。ファンタジー好きが高じて小説を書き始め、2014年連載開始した「鋼将軍の銀色花嫁」で出版デビューに至る。

「2018年 『人質王女は居残り希望』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鋼将軍の銀色花嫁 (レジーナ文庫)のその他の作品

小桜けいの作品

ツイートする