線引屋―ガクブル×青春×グラフィティ

著者 :
  • アルファポリス
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434230370

作品紹介・あらすじ

オタク×ストリート!? 新感覚青春群像劇、開幕! 高校生のぼく、間久辺比佐志はある日、アニメに触発されて、その舞台そっくりな近所のガード下へと足を運んでみた。そこでアニメに出てくる魔法陣をスプレーで描いてたら、不良に絡まれちゃいました。とにかく逃げろ、と駆け込んだ公園で、自称・正義の味方に助けてもらったんだけど、翌日のウェブ記事によると、落書きをした人が不良チームを潰したことになってるらしい。……それってぼくのことじゃないか。すぐに不良に捕まって、彼らのために再び落書き――グラフィティを描くハメになっちゃったし、いったいこの先どうなるんだ!? とりあえず――アニメ見てていいですか?

プロフィール

千葉県出身。2016年よりネット上で「クラスでバカにされてるオタクなぼくが、気づいたら不良たちから崇拝されててガクブル」の連載を開始。同作が人気を博し、2017年に書籍化、出版デビューを果たす。

諏訪錦の作品

線引屋―ガクブル×青春×グラフィティを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする