扉の向こうはあやかし飯屋 (アルファポリス文庫)

著者 :
  • アルファポリス
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434269660

作品紹介・あらすじ

フリーペーパーのグルメ記事を担当している若菜。恋人にフラれた彼女は、夜道で泣いているところを見知らぬ男性に見られ、彼が営む料理店へと誘われる。細い路地を進んだ先にあったのは、なんとあやかしたちが通う不思議な飯屋だった! 最初は驚く若菜だったけれど、店主の古橋が作る料理はどれも絶品。常連のあやかしたちと食事を共にしたり、もふもふのスネコスリたちと触れ合ったりしているうちに、疲れた心が少しずつ癒されていき――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美味しそうで優しいお話。ヒロインの思考回路が理性的で好感が持てる。

  • ★★★★

  • あやかしばかりが集うご飯処に迷い込んだら、気絶だけで済むだろうか。
    幸いいいあやかしたちばかりで、寧ろ主人公は常連にまでなる。
    あやかしのためのご飯屋という設定は何だかほっこりできてよかった。
    寧ろ生き辛いというか殺伐としていたのは主人公周辺、即ち人間世界の方だった。

    特に主人公が恋愛面でいい経験をしていないから。
    元カレに二股かけられてフラれ、後輩社員には恋愛面で首を突っ込まれ。
    この後輩社員だけが個人的にはどうも最後まで苦手で彼女の登場シーンだけは読むのに苦労した。
    自分の価値観押し付けてくるのは本当に勘弁。
    心配してのことだし、いい子なんだとは思うが、正直自分のようなタイプとは相性が悪すぎる。
    だからお店にまで押しかけてきた挙句に記憶消される展開はグッジョブと思ってしまった。
    申し訳ない。

    その分、あやかしたちに癒されたり諭されたりすること多数。
    特にマリアンヌさんの言葉には至言が多かった。
    マリアンヌさん語録を作りたいくらい。
    懐深く、苦手な後輩ちゃんの言動も「ま、いっか」で流せる大人になりたいものだ。
    ということは、いい年こいて、こっちはまだ子供か。
    それはそれでショックだ。

    店長の古橋さんとの恋模様も勿論気になったが(バレンタインでの彼の突っ走りっぷりは可愛かった)主人公の今後のことで上手くいかず……これで終わりかと思っていた先の展開はよかった。
    何て便利なお店なのだ。
    一度繋がった縁はそう簡単に切れるものではないらしい。
    主人公にとってこの良縁が末永く続くといいのだが。

    後、スネコスリなど可愛い系のあやかしがいる中、自分の一押しマスコットはお化け提灯の明野さんということを明言しておく。
    忠犬みたいで可愛かった。
    ビジュアルは一つ目だけど。
    犬と言えば古橋さんも犬っぽかったけど。
    要は犬好きか、自分は。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

■著者
猫屋ちゃき
乙女系小説とライト文芸を中心に活動中。2016年9月に『こんこん、いなり不動産』が「第2回お仕事小説コン」で特別賞を受賞し、2017年4月に書籍化デビュー。著書に『扉の向こうはあやかし飯屋』(アルファポリス)などがある。

「2020年 『拝み屋つづら怪奇録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫屋ちゃきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×