友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術

著者 :
  • アルファポリス
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434285721

作品紹介・あらすじ

「コミュ障」で「友達が0人」という、社会にうまく適応できない著者が、多くの挫折を経てたどり着いた、一人でも稼げるようになる技術「ぼっち仕事術」を指南する。コミュ障の人間関係を改善するコミュニケーションのとり方から、収支を安定させるお金の管理の仕方、病みがちな心を整えるメンタルケアまで、コミュ障ならずとも使える実践的テクニックが満載。不安定な現代を生き抜くあらゆる社会人必携のビジネス書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・読んだ理由
    会社の人間関係が嫌になり、自分は組織で働くことができない人間なのでは?と考えるようになっていたときにネットでこの本を見つけ、興味本位で読んだ。

    ・感想
    著者は「ぼっちコミュ障」を自称しており、最近では「ぼっち」「コミュ障」というワードも、到底そうとは思えない人たちまで使うようになってしまった。との言及が序盤にある。
    しかし、よくよく読み進めてみると、著者自身も「ぼっちコミュ障」とは思えないようなエピソードが度々出てくる。(辞めた会社の同僚?と辞めた後も度々飲みに行く、同棲している彼氏がいる、社内のチームリーダーに立候補などなど)
    恐らく本人視点では、自分は完全に「ぼっちコミュ障」なのだろう。ただ、客観視するとそうは見えない場合が多いように思う。
    自分に当てはめてみてもそうかもしれない。
    ここから考えられるのは、真の「ぼっちコミュ障」は表に出ることは無いという仮説である。
    この世に存在する「ぼっち」を謳う書籍、YouTube、ブログなどは全て「ビジネスぼっち」である可能性が高い。
    この本は、そういった前提で読み進めた。

    感想としては、とても勇気づけられたし、仕事を辞めても何とかなるかもしれないと思えるようになった。
    著者の行動力は素晴らしく、会社を辞めてから小説を書いてみたり、起業を試みてみたり、一からスマホアプリを作ったりと様々に奮闘したようだ。
    その中で、安定したフリーランスとして現在に至るまでの過程が描かれており、その原動力は、「自分は本気で独学すればそこそこやれる」という自信なのではないかと思った。

    僕自身も人間関係全般は苦手だが、興味のある分野について本気で独学すればそこそこやれるのではないかという自信はある。(本気でやれるかどうかは別だが)
    その自信さえあれば仕事を辞めても何とかなると思わせてくれる一冊だった。

  • 作者の前向きさが伝わってきた。
    私の場合、コミュ障とはちょっと違うが、友達を作れずネガティブがち。この本のタイトルを見て何かヒントをもらえるか期待しながら読んだ。
    文章が軽快で読みやすく良書とは思うが、私には参考になるものアクションプランにおとしこめるようなものはなかった。
    しかしながら、同じような悩みを持つ人には一読の価値ありと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

コミュ障で友達0人のシステムエンジニア。早稲田大学理工学部卒業。新卒でITコンサルティング企業に入社したものの、コミュ障が爆発し、人間関係が崩壊する。うつにより休職した後は、コミュ障の自覚を持ち、チームプレイを避けて一人でできる仕事に専念するようになる。2015年フリーランスとして独立。一度も営業せず、独立前の年収3倍を達成。

「2021年 『友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末岐碧衣の作品

ツイートする
×