ウィトゲンシュタイン全集 1 論理哲学論考

制作 : 奥 雅博 
  • 大修館書店
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469110111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哲学とは何なのだろう。
    そんな素朴で稚拙な疑問からウィトゲンシュタインを手にしました。その意味は今も解らぬままです。
    「解るということは、私の脳がそういう『意味づけ』をしたことに過ぎない」。
    そんな事だけが頁を繰る手に残された『論理哲学論考』を読んだ日々。その時間を思い出しつつ記しました。哲学という「学問」に疑問を抱く方は手にとってみては如何でしょうか。

  • 「論理哲学論考」は岩波版ほど熱いものが来なかったんだけど、3年分の草稿は「論理哲学論考」を纏めていく過程が見れてテンション上がった!でもウィトゲンシュタイって言語の限界みたいなこと言ってるのかなぁ・・・。

  • 『草稿』を読んでみたくて購入。
     相変わらずよく分からないものの、ウィトゲンシュタインの語り口が好きな厨二病(失礼)は一読の価値あり!の筈!

  • 図書館で借りた。でも,こういう系の本はいろいろと書き込んで思考回路を残さないとよく分からなくなる。
    論理哲学論考はウィトゲンシュタインの考え方というか,思想の爆弾を食らった感じだった。

  • 文庫本とかでもいっぱいあるけど、歳とっても読めるのはコレ。

    第1巻は『論理哲学論考』
    http://plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/20066?p=0&hk=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%85%A8%E9%9B%86

    彼は哲学を数学でやろうとしたんだな。文系の人たち(失礼!)にやらせとくと何時までも答えに至らない。そりゃそうだ、価値観同士が争って白黒つけようってんだから。残念ながらそりゃ真理とは関係ない。価値フリーでいこうよ。なんでみんなそうしないの?例えばさー...

全5件中 1 - 5件を表示

ウィトゲンシュタインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スタニスワフ レ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする