ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法

著者 :
  • 大修館書店
3.52
  • (4)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469212624

作品紹介・あらすじ

ヨーロッパ文明の基層、ラテン語の世界を案内する、知的雑談満載のイツミ教授のラテン語講義。よく引用されるラテン語名句の話から文法の初歩へと導く読み物風入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多くの人がラテン語の教養のためにあげている本。軽い気持ちで読めるのが良い。ラテン語は、日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、多くの言語に影響を与えた事を考えると、やはり凄い言語である。詳細まではわからなくても、少しラテン語の素養があるというのはカッコいい。

  • 難しかったけど、面白かったです。

  • 解説にある通り、ラテン語の文法を習う(勉強する)前に「全体を概観する」のに適していそう。ラテン語の特長やクセのようなものを知ることができる。ただ、こんなに複雑で難しいのかとめげてしまいそうにもなるけど。
    文法を一通り習ったあとに読み返すと違った印象になるかも。それを楽しみにラテン語の勉強を続けよう。

  • 語学テキストというより
    読み物として面白いと思いました。

  • いろいろ有名な句をもとに、その逸話と共に文法が解説されている。初学者はこれを読んでも文法はさっぱり身に付かないだろうが、一通り学んだことのある人には興味深く読めるだろう。最近観なおした洋画「クオ・ヴァディス」のquo vadis?(主よ、どこにいかれるのですか?)も載っていて嬉しかった。

  • へえ。

  • ラテン語初級を習った時に先生に薦められた本。古典などの名台詞などが章の最初にラテン語で書いてあります。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1946年大阪生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、英国セント・アンドルーズ大学Ph.D.所得。東京大学名誉教授。西洋古典学会会長。
著者は『ラテン語のはなし』(大修館書店)、『ソフォクレース『オイディプース王』とエウリーピデース『バッカイ』』(岩波書店)、Pindaric Metre: the ‘Other Half’(Oxford U. P.)など。

「2018年 『ギリシャ・ラテン文学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逸身喜一郎の作品

ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法を本棚に登録しているひと

ツイートする