七五調の謎をとく―日本語リズム原論

著者 :
  • 大修館書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469221275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 極めて読みやすい本。私は音楽の感性とかリズム感とかが薄弱であったが、この本を通して和歌や詩だけでなく音楽を学ぶことができた。

  • ★日本古来から続く日本語の音律。

    ガラケー(ガラパゴス携帯)
    今でしょ!、倍返しなど
    現在の流行語にも続く、日本語の使い方

    今までなんとなく、そんな感じだよな・・・と
    思っていたことが、日本語論として解説されていました。
    ミュージシャンの立場からだと
    もっと音楽的な解析もして欲しかった。ところでした。。

    音声的な区切りの音節(シラブル)
    時間的な単位として拍(モーラ)

    その組み合わせによってできる
    代表的な日本語のリズム七五調

    万葉集から、現代のCMまで
    言葉の使い方から、その日本語のリズムを解読。

  • 個人的に『レトリック感覚』以来のヒットになりそうな予感がする。感想は読後に改めて。

  • リズム論から和歌を考察。学生の頃読んで目からウロコでした

全4件中 1 - 4件を表示

坂野信彦の作品

ツイートする