続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?

著者 :
制作 : 北原 保雄  いのうえさきこ 
  • 大修館書店
3.29
  • (8)
  • (20)
  • (57)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 244
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469221725

作品紹介・あらすじ

全国の読者から続々と寄せられてくる微妙に気になる日本語を大解剖。今どきの気になる31の表現を取りあげ、解説しました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作同様のコンセプトで、サラッと書かれているけどかなり勉強になりました。一度思い込んでしまうと、それを訂正する機会ってそうそうないし、周りに歯に衣着せない語学堪能者がおれば別だけど、一生気づかないまま過ごすことも十分にあり得る話。そういう意味で、こういうのに定期的に目を通して、知識をリフレッシュし続けることが大事と、改めて思わされました。

  • 気になる、気になる第2弾!冒頭の「千円からお預かりします」のように、不自然に感じる言葉を、明鏡国語辞典の編集者たちが、面白く解説。言葉は変わっていくもの。「普通に~」「やばい」「微妙」「っぽい」という言葉も、定着するのか?4コマ漫画のセンスが最高に面白い。「チョービミョー!/マジ○○っぽい」が特に面白かった。国語力は、人間力。そして、国民の品性。ご苦労様とお疲れ様はどっちが目の上の人に使ってはいけない?など、気になる人は、読んでみるといい。

  • 文法学習の必要を感じた。

  • 前作が面白かったので続編も読んでみた。構成は同じ。「歌わさせていただきます」という言い方の間違い。五段動詞(~ないを付けた時の語尾がア行になる動詞)は「~せていただきます」が正しい。よって「歌わせていただきます」が正解。また「おタバコはご遠慮させていただきます」などの失礼な表記にも気を付けたいと思った。非常にためになるし、すぐ読める。201308

  • 普段「ん?」と思う、ちょっとした言葉の正誤が明確になり、スッキリします。
    内容は若者言葉が多く出てきますが、中には前々から疑問だった日本語もちらほら。
    一読の価値ありです♪

  • 接客の際に使われるおかしな日本語から、ら抜き言葉、回りくどい言い方など、使い方が間違っているものや違和感があるものを取り上げて、わかりやすく解説している。

  • 図書館で借りた。
    「続弾!」というタイトルの中の言葉は、
    図書館から帰ってきてから気付いた。
    もちろん、問題な日本語 というシリーズ?を手にとったのは
    これが初めてだ。

    間違えて使っていなかった!!!
    と、
    間違えて使っていた…
    とが入り乱れた。
    ためになる一冊だと思う。

  • 誤用とされる日本語の検証と解説の第2弾。

    第1弾のコラムで、誤用じゃないとされていた「汚名挽回」。
    その言葉を、更に補足するカタチで解説。
    各引用を例に出し、失墜した不名誉の巻き返しを図るとしている。
    だが私個人としては、非常に馴染めない。

    吉崎観音「ケロロ軍曹」12巻では、悪い評判を取り戻すこととして使用。
    やはりこちらの使い方のほうが、しっくりくる。

  • こんなのまで間違う人いるのってのから、自分も間違うわこれってのまで。言語勉強してる身としては面白かった。頭ごなしに間違ってると叱りつける文章じゃないから読みやすかった。

  • 四コマは面白い。けど、結局使っていいのかどうなのか分からない言葉も・・・。全てではないけど、思わずへぇといってしまう言葉や、若者言葉にも理解があるのは面白かったです。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

前筑波大

「2018年 『方言(新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原保雄の作品

続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?を本棚に登録しているひと

ツイートする