ていうか、やっぱり日本語だよね。―会話に潜む日本人の気持ち

  • 大修館書店 (2009年9月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469222074

作品紹介

あまり気づかれていませんが、日本語にはもともと、気持ちを伝えるためのことばやしくみが内蔵されています。どんなことばやしくみの中に、どのような日本人の心が隠れているか、たくさんの会話例をもとに探ります。

ていうか、やっぱり日本語だよね。―会話に潜む日本人の気持ちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ、そうだよね。って感じ。どりゃ読みでも楽しめる。

  • (2010:川口さち子先生推薦)

  • 読んでると日本語がゲシュタルト崩壊する。

  • 言語には感情が満ちている。特に日本語のことばには感情がいっぱい詰まってる。ことばには日本人の情、あたたかさが満ちている。

  • ていうか の意味や、
    「よ」と「ね」の違いについて。
    興味深く読ませていただきました。
    日本語ってやっぱりいいですね。

全5件中 1 - 5件を表示

泉子・K・メイナードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ていうか、やっぱり日本語だよね。―会話に潜む日本人の気持ちはこんな本です

ツイートする