香港歴史漫郵記

著者 :
  • 大修館書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469232448

作品紹介・あらすじ

東洋と西洋が出会う街、香港を歩く。気鋭の郵便学者が切手に関する該博なウンチクとともに語り下ろす、香港史の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジーンズのことを香港ズボンと明治生まれの人は言ってた。
    香港からは戦前の日本向けにはほとんど需要がなかったジーンズの輸出が行われていた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1967年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている。
主な著書
『なぜイスラムはアメリカを憎むのか』(ダイヤモンド社)、『中東の誕生』(竹内書店新社)、『外国切手に描かれた日本』(光文社新書)、『切手と戦争』(新潮新書)、『反米の世界史』(講談社現代新書)、『事情のある国の切手ほど面白い』(メディアファクトリー新書)、『マリ近現代史』(彩流社)、『朝鮮戦争』、『アウシュヴィッツの手紙』、『リオデジャネイロ歴史紀行』、『パレスチナ現代史』(えにし書房)。

「2018年 『チェ・ゲバラとキューバ革命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内藤陽介の作品

香港歴史漫郵記を本棚に登録しているひと

ツイートする