英国の貴族―遅れてきた公爵

著者 :
  • 大修館書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469240979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歴史はへたなワイドショーより面白い。
    その一念で大学まで行ってしまった下衆が勧めるのは申し訳ないが、確かに「そういう意味」でも興味深く読める本である。名だたる王侯・貴顕・偉人に権力者が本書でくり広げる右往左往は、まったく人間なんて古今東西、上つ方も下々も、たいして違わぬ愛すべき生き物だと教えてくれる。

    公家ごとに列伝風にまとめてあるので、別の本を読んでいてたとえば「モンタギュー=ダグラス=スコット家って何だっけ?」となった時、さっと要点をつかめる便利さもいい。同じ著者の「英国王室史話」と並んで、我がマストアイテムである。 

    惜しむらくはすべての家が網羅されておらず、「機会を見て残りの公家についても紹介したい考えである」との言葉もむなしく、著者がすでに鬼籍に入っていることだ。
    お弟子さんでもはたまた赤の他人でもいい、どなたか「完全版」をものしてはくれないものか。

全1件中 1 - 1件を表示

森護の作品

ツイートする
×