英語習得の「常識」「非常識」―第二言語習得研究からの検証

  • 大修館書店 (2004年12月1日発売)
3.45
  • (2)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469244984

英語習得の「常識」「非常識」―第二言語習得研究からの検証の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目から鱗なお話ばっかりなのに、わかりやすくておもしろい。

  • 第二言語習得の研究をしている人間として、

    世間のみなさんにぜひともご理解

    いただきたいことが丁寧に説明されている。


    コラムの部分だけでもいいから、

    ぜひ多くの人の目に触れて欲しい。


    一部「この点はまだ論争中だ」

    というふうに説明しておいた方が

    いいんじゃないかと思うところもあるけれど、

    それを差し引いても☆☆☆☆☆かな。

  • 英語学習や英語習得に関する「俗説」を取り上げ、それをSLAの視点から検証していく、という構成。「英語は右脳で学べ」や「外国語学習は音声から」などどこかで聞いたことがあるような話題を取り上げ、それを実証データに基づいて考察している。SLAの概説書を読んだことがあればそれほど目新しい話はないが、よく言われる俗説とSLA理論を繋いでいて面白い。個人的にはSLAとはどういう分野か、どう研究されているか、を記したコラムも興味深かった。(7/28読了)

  • 「母語は模倣によって習得するのか?」「教科書で習った順番に覚えていくのか?」「繰り返し練習すると外国語は身に付くのか?」「外国語学習は音声から導入されるべきか?」「教師が誤りを直すと効果があるのか?」など、興味深いテーマ(俗説?)について、第二言語習得研究の見地から検証する。研究論文等を基に論理的に書かれてはいるが、「第二言語習得研究」は、外国語習得のメカニズムを探る研究であって、「外国語教育研究」とは別のものという。そういう意味ではやや期待はずれな感じ。俗説の問題点がいろいろと指摘されてはいるが、じゃあどういう方法がどう効果的なのか、というところには及んでいないのが残念。

  • 『外国語学習に成功する人、しない人』とほぼ同時期に出版された本、こちらの方が例も詳しくわかりやすい。第二言語習得研究の現状がよくわかる。英語のlとrに関して、子どもは音声に関して全く白紙の状態で生まれ、余分な音を識別しなくなるという指摘は面白い。第二言語習得研究イコール外国語学習法研究にはならないが、いろいろヒントを得ることができる。

全6件中 1 - 6件を表示

白畑知彦の作品

英語習得の「常識」「非常識」―第二言語習得研究からの検証はこんな本です

ツイートする