聖書でたどる英語の歴史

著者 :
  • 大修館書店
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469245820

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1500年にわたる英語の変化の歴史をKING JAMES(欽定訳)を中心として、主な時代から現代訳まで英語を並べて比較。このようなことが可能な書物は確かに聖書しか有り得ない!それにしても1000年前の「ウェストサクソン福音書」は全く理解できないし、1384年頃の「ウイクリフ派聖書」も、そしてシェークスピアと同時代だというKJも随分綴りが異なり難しく感じる。(しかもシェークスピアより古い言葉を使っている!)そして20世紀初頭も今とは違う。こうして並べると現代の英語を簡単に感じて来ることが不思議!中学時代以来の英語の授業を思い出し、言葉は変わり続けていることを痛感した。英語の歴史の中で北欧語、フランス語の影響の時期があり、それが過去形などにおいて中途半端な例外を遺物として残していると考えると、英語も理解しやすいように感じる。

全1件中 1 - 1件を表示

寺澤盾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

聖書でたどる英語の歴史はこんな本です

聖書でたどる英語の歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする