スポーツマーケティング

  • 大修館書店
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469265460

作品紹介・あらすじ

営利・非営利にかかわらず、スポーツ事業にはビジネスという認識が不可欠である。伝統的な企業活動として行われているマーケティングを下敷きにして、様々なスポーツ消費の場面に即したマーケティング活動を解き明かし、チームやクラブの経営に携わろうとする人に、必須の経営知識を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 授業用の教科書でした。だけど個人的に読み始めたらおもしろいおもしろい。授業で先生が言っていた内容の理解ができる!深く考えられるなぁと思いました。

  • 授業用の教科書でした。
    だけど個人的に読み始めたらおもしろいおもしろい。授業で先生が言っていた内容の理解ができる!深く考えられるなぁと思いました。

  • 読めばスポーツマーケティングのしくみがわかります。
    「スポーツビジネスで成功した人はどの企業にいっても成功する、しかしその逆はない」

  • 勉強会の教科書。
    スポーツマーケ全般について書かれている。
    ただし、引用部分が多いので、原書を見る必要があるかも。
    言葉の定義などを知るには良い内容。
    論文作成時に見る必要あり。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

原田宗彦(はらだ・むねひこ) 1954年大阪生まれ。77年京都教育大学卒業。84年ペンシルバニア州立大学健康・体育・レクリエーション学部博士課程修了。Ph.D. 鹿屋体育大学助手、フルブライト上級研究員(テキサスA&M大学)、大阪体育大学大学院教授などを経て、2005年から早稲田大学スポーツ科学学術院教授。主な著書に、『スポーツイベントの経済学』(平凡社新書、2002)、『スポーツマーケティング』(大修館書店、2008年)『スポーツ・ヘルスツーリズム』(大修館書店、2009年)『スポーツ産業論第6版』(杏林書院、2015年)など、訳書に『公共サービスのマーケティング』(遊時創造、1991年)『オリンピックマーケティング』(株式会社スタジオタッククリエイティブ、2014年)など。一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構代表理事、日本スポーツマネジメント学会会長、Jリーグ理事を務める。2008年大阪五輪招致では招致委員会参与。2016年東京五輪招致では、JOCオリンピック招致推進プロジェクトに所属する。

「2016年 『スポーツ都市戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田宗彦の作品

ツイートする