乳酸を使いこなすランニング

著者 :
  • 大修館書店
3.70
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469267259

作品紹介・あらすじ

乳酸を「悪者」にするのは、そろそろ止めにしませんか。短距離走からマラソンまで、ランナーのからだの中で何が起こっているのか疲労の原因、からだのエネルギー、トレーニング、栄養など、役立つ情報が満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 極めて読みづらい文章だが、極めて優れた内容である。ガチゆる走~最初はガチで糖質を使い、乳酸を作り出し、乳酸でできたATPで後半を走る。フルではキロ5秒程度のペース変化でより糖を使ってしまう。ペースはアップはレース中一発のみ有効だ。糖質を使い切らないように脂質消費型で。出だし体が軽いのは要注意。若干重いぐらいが糖質が充填されている証拠。

  • 正直、内容を理解できた自信はないが、
    ・乳酸=疲労の原因という考えは間違い。
    ・乳酸は糖を使った後にできるエネルギー。
    ・糖の枯渇するフルマラソン後半では乳酸は発生しない。
    らしい。

    トレーニングで目指すのは、糖を残して走りきれる身体を作ること。
    脂肪利用を高めるための持久走だけでなく、
    LT(血中の乳酸が上昇するきつさ)を超えるペースで速筋を鍛えること。

    結局、乳酸が何なのかはよく分からなかったが、
    LT走重視の私としては安心できたかも?

  • トライアスロン、マラソン等との乳酸の考えがかなり整理出来たような気がする?

  • 内容は良いのだが、日本語が…。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科 教授

「2015年 『新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八田秀雄の作品

ツイートする