世界一美しいふるまいとマナー

著者 :
  • 高橋書店
3.71
  • (3)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471011482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 385

  • ゆるーい絵と共にポイントを教えてくれる、分かりやすいマナー本。大人向けなのでちょっと気をつけるだけでも装いがランクアップするかも。

    椅子から立ち上がる時片足だけ後ろに引いて、上体を前傾させずに立ち上がると綺麗。
    欧米ではテーブルに着いたら手をテーブルの上に乗せておくのがマナー。テーブル下で良からぬ事をしていない証明。
    写真
    座って写る時は足をカメラ側に延ばして揃えると長く細く見える。

  • 25歳になり、大人の女性としてのふるまいをできるようになりたくて購入。

    イラスト付きでわかりやすかった。
    またいろんなシチュエーションがあり、良かった。

    明日から実践すること
    *ものを持つときは両手を使う
    *指先まで意識する
    *背筋を伸ばす
    *ながら作業をせず、動作をわけて1つ1つ丁寧にふるまう
    *待ち合わせや電車待ち、信号待ちなどの日常でも姿勢良く
    *歩くときは1本線の上ではなく、線を挟むように
    *階段を登るときかかとまでつける
    *車やタクシーへは腰から入る
    *座る時も姿勢良く、仕事中や研修中も足を閉じて靴を脱がない
    *男性からのエスコートに遠慮しすぎない

  • 若いうちに知っておけたらよかったと思うけれど、手土産の渡し方など、年代問わず十分役に立つマナーも書かれている。イラストが可愛らしくて素敵。浅く広い内容だったので、入門編として便利だと思った。

  • 車に乗る際、いつもは足から乗り込んでいたけれど、この本を読んでからは、シートに浅く座り、それから足を入れる、という動作を心掛けています。足を組む際もラインを揃えるととても綺麗に見えました。
    美しいふるまいを心がけていると、背筋も伸びて、気持ちが良いです。とても勉強になりました。

  • 目新しいことはなかったけど、確かにその通りということばかりが載っている。
    お通夜に昔は喪服を着ていくものではなかったが、今は着ていってもOKだとか、今時のマナーもある。
    秘書検定でやったことばかりだけど、知らない人は一読の価値ありだと思った。

  • まず姿勢を正そうと思った。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

マナースクール「ライビウム」代表

「2019年 『女子力アップ伝えかたレッスン帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諏内えみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
スペンサー ジョ...
山内 マリコ
ミヒャエル・エン...
スティーヴン・ガ...
ジェームス W....
メンタリストDa...
柚木麻子
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一美しいふるまいとマナーを本棚に登録しているひと

ツイートする
×