どんどん走れる体になる!青山剛のスイッチ・ランニング

著者 :
  • 高橋書店
3.69
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471142148

作品紹介・あらすじ

おしりを使えば、驚くほど走りが軽くなる!?体にスイッチを入れて疲れなし!痛みなし!ラク楽!走りが変わる究極メソッドを直伝!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おしりを使って走る。体がふわりと浮く。

    骨盤ひねり運動20回を3セット。

    積雪の上を走ると正しい重心移動の確認ができる。

    1キロ10~12分くらいのウォーキング。
    階段はかかとを落とさずに登る。

    5キロのタイムトライアルでペースがわかる。
    10キロは、1キロタイム+10秒のペース。
    ハーフは、1キロタイム+15秒のペース。
    フルは、1キロタイム+30秒のペース。

  • 体幹トレーニングの内容は、ほぼ長友体幹トレーニングとかぶる。
    意識する点は大臀筋と骨盤。

  • いつまでも楽しく走る続けるために」
    ランニングを始めたものの、7割が止めてしまう現状に、
    プロのランニングコーチとして有名な青山剛さんが、楽に走れる方法を伝授。

    それは、体幹を使って走る。
    日頃から、体幹を鍛えれば、もっと楽に走れる。
    第1章で、体幹を鍛える11のポイントを紹介。
    第2章で、痛みやトラブルへの対処法を紹介。
    第3章で、長く楽しく走るコツを紹介。

    第2章の痛みやトラブルへの対処法は、とても参考になる。
    その痛みやトラブルの多くは、疲れてきたり、知らず知らずのうちに、
    へんなフォームになっていたりするのが原因なんだ。

    ランニングを始めたばかりの人におすすめの本。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1974年7月14日、東京都生まれ。パーソナルコーチングシステム「Team AOYAMA」の代表を務め、ウォーキング、ランニング、トライアスロンなどのプロフェッショナルコーチとして、プロ・アマ問わず幅広く指導を行っている。日本体育大学時代から研究してきた「心拍トレーニング」をウォーキングに応用、中高年の無理なく効果的な体力づくりを提唱している。一般向けのセミナーや講演なども全国各地で展開中。

「2016年 『医者に「歩きなさい」と言われたら読む本 メタボ・糖尿病・高血圧を改善!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
朝井 リョウ
又吉 直樹
池井戸 潤
恩田 陸
川村 元気
村田 沙耶香
三浦 しをん
米澤 穂信
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする