立身出世の社会史

制作 : 広田 照幸・加藤 潤・吉田 文・伊藤 彰浩・高橋 一郎 
  • 玉川大学出版部
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784472104411

作品紹介・あらすじ

本書は、まず、1870年代の日本でたいへんな人気を得た、サミュエル・スマイルズの『セルフ・ヘルプ』(邦訳『西国立志編』)を分析する。そして、教育を受けて、俸給生活者になるという、立身出世の理想像がその後の数十年間に、一部の士族層から一般へと広がっていく中で生じたさまざまな変化を描きだす。これはある意味では思想史である。しかしそれは、特定の個人を取り上げるような普通の意味での思想史ではなく、すべての日本のインテリが経験したある体験の変容をたどり、彼らが学校へ行き、職を得る中で共通に身につけたエートスを扱うものである。注目するのは、日本人全体ではなくて、近代日本の政治的・経済的・文化的リーダーになることをめざしていた若者たちである。本書はまた、日本の「新中産階級」の登場の物語であり、拡大していくこの集団に加わろうとする若者たちの奮闘と挫折の物語でもある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <立身出世>という言葉は明治前期、後期、大正・昭和と日本社会の産業化の進展とともに意味内容も変わってきた。その変遷の跡を、書生の投稿で成り立っていた「中学世界」「成功」「實業之日本」等、通常の史書ではあまり取り上げられることのない当時の雑誌をもとに検証するという極めてユニークな社会史。

  • 和図書 361.8/Ki44
    資料ID 20101040143

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする