鈴の音が聞こえる―猫の古典文学誌

著者 :
  • 淡交社
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473017956

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目次:プロローグ, 第一章 「猫」という文字はいつごろから使われたか, 第二章 王朝貴族に愛された猫たち ね・こらむ①和歌のなかの猫, 第三章 ねこまた出現, 第四章 金沢文庫の猫, 第五章 猫を愛した禅僧たち ね・こらむ②犬に噛まれた猫, 第六章 新訳 猫の草子, 第七章 猫神由来 ね・こらむ③猫の島, 第八章 江戸お猫さまの生活, 第九章 描かれた猫たち, エピローグ…他

  • 古典に出てくる猫の文献を検証。

  • 表紙の猫叉風にゃんこがカワユッス

  • サブタイトルに「文学誌」とあるように、これは日本で「書かれたネコ」を集めた本です。
    また、日本に影響をあたえた中国の古い文献についても言及しています。
    「猫の文化史」ともいえる内容です。
    「描かれたネコ」も多数収録されており、どのような目でネコを見ていたのかを知ることができます。
    ちなみに表紙のネコは歌川国芳「鼠よけの猫」の一部分です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九六〇年、京都生まれ。広島大学大学院博士課程修了。甲南大学文学部教授。中世国文学。著書『<悪女>論』(紀伊國屋書店)、『外法と愛法の中世』(砂子屋書房)ほか。

「2017年 『図説 百鬼夜行絵巻をよむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中貴子の作品

ツイートする