軍艦島―眠りのなかの覚醒

著者 :
  • 淡交社
3.56
  • (11)
  • (13)
  • (31)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473019875

作品紹介・あらすじ

軍艦島が無人島となって10年後、感傷とは無縁の新たな眼で撮り始めた写真集。収録作品を大幅に入れ替え、論文、資料などの内容を付け加えた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荒廃した島。居住地だった場所にはあらゆる生活の痕跡が残されている一方、歳月と共に不透明さが増す場所。人がかつてここに住んでいたとはとても思えない。ただの古めかしい自然が残っている訳ではなく人工的な建造物が時間と共に劣化し残っている。そういう様は大体が取り壊されてしまうのでなかなか見られない。廃墟の魅力に触れるには十分すぎる島。実際に足を踏み入れてみたいと思うけど絶対足場や老朽化したコンクリートが危ないだろーな
    この本は巻末に、カメラマンの人が残した軍艦島が放棄されるまでの日記が掲載されている。これを読むと確かに生活していた人々がいたのだと分かる。

  • 中学ぐらいの時に何気なく本屋で見つけた一冊。
    1枚1枚をじっくりと見入ってしまうぐらい当時衝撃をうけました。
    廃墟とか軍艦島が大好きになったのはこの一冊のおかげデス!
    ハァハァ(*´Д`)たまりまへん

  • 「ラピュタ」の海上版?
    夢の後・・・という感じ。

    でも、なんだか不思議で、惹かれるのはどうして?

  • 炭坑として栄え、1974年に閉山、無人化した軍艦島。無人島となった10年後、感傷とは無縁の新たな眼で廃墟の原風景を撮った写真集。新潮社86年刊の収録作品を大幅に入れ替え、論文、資料などを加える。

  • いきたい!!

  • 建物に興味を持つキッカケになった写真集。

  • 軍艦島−捨てられた島の風景

  • 軍艦島−捨てられた島の風景

  • 癒されます。

  • 行きたいと憧れて早20年。密航者になる勇気がなかったのだ。

全15件中 1 - 10件を表示

雑賀雄二の作品

ツイートする