そうだ京都、行こう。 (淡交ムック)

  • 淡交社
4.03
  • (41)
  • (15)
  • (36)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 163
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473020932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真の迫力とキャッチフレーズのマッチング度合いがすごいと感じた。

    本当に「そうだ、京都、行こう。」と言ってしまいたくなる本だと思う。

  • 素晴らしいキャッチコピー。何倍も行きたくなる。

  • 「そうだ 京都、行こう。」とは、1993年からJR東海が主催している、京都観光振興のキャッチコピーです。

    季節の変わりめになると、その季節を印象付ける風景が織り込まれたTVCMやポスターを楽しみにしているのですが、
    1993年~2004年までのポスターとそれにまつわる小話を、季節単位で収録したのが、こちら。

    昔から、特に理由もなく折々につけて、無性に京都を訪れたくなる自分なのですが、
    これらのTVCMやポスターを目にした時にはその衝動をより強く、感じていたりも。

    なお、CMでは2002年春の天龍寺が印象深く残っていたりと、春を喚起することが多いのですが、
    ポスターでは何故か秋のイメージが強かったりします、、1995年の南禅寺や2001年の醍醐寺などなど。

    ここ数年は「思い立ったら京都」なんて気ままは出来なくなっていますが、
    久々にふらっと回遊したくなりました、ちなみにお気に入りは哲学の道だったりします。

    銀閣寺を覗いてから南禅寺まで、ただ歩く、それだけでフワっとした気分を満喫できます。
    ん、ポスターもいいですが、10年単位くらいでCMの全バージョンを収めたDVDとか発売されないかなぁ、なんて。

    四季折々、薄紅に吹雪く、緑に萌ゆる、深紅に包まれる、白く暮れる、「京」の息づかいを感じる、そんな一冊。

  • 京都スキーはぜひ!

    読んでる間ずっと“My Favorite Things”が脳内再生されるね!(b´∀`)ネッ!

  • 去年に初めて知ったCMだけど、
    ものすごく古いCMだったんだなあ。
    関西人は知らない・・・

  • 2005年1月19日購入。
    2017年4月13日読了。

  • 素晴らしい京都の写真集、JR東海の
    ポスターです。そうだ京都行こうという
    つぶやきに似たコピーに凄みがあります。

    広角ローアングルで撮影した嵯峨野の一枚に
    自分の写真の方向に間違いはなかったと、、、
    でも一枚も二枚も上手です。(当然ですが)

  • カテゴリに困る…
    広告写真と説明が見開きで載っています。でかいです。
    好きだし、綺麗だし、資料になるので買いました。
    なのでカテゴリは資料。

  • 電車の中吊り広告でいっつも気になってる広告シリーズ。京都への観光誘致のJRのポスターが一冊の写真集に。待ってました!

    美しい写真もさることながら、私はこの写真に添えられたコピーが好き。「こういうところが見どころ!」とか「こんなにいいよ!」というような押し付けがましいコピーじゃなくて、たんなる一個人のつぶやきみたいなコピーに何気に滅茶苦茶共感し、心打たれたりします。日本人であることを誇れる気がします。

    個人的には、東北編で忘れられない写真とコピー(詩)があるので、ぜひとも東北編がほしいところ。中央線の通勤ラッシュにもまれつつ、感動して泣きそうになった一品があるのです。(←そしてその1ヵ月後、ほんとに東北に旅をした女)

    星が4つなのは、写真が真ん中で切れてる編集に不満があることと、もっとコピーをさりげなくしたレイアウトにして欲しかったから。

    でも、オススメ。
    日曜日の午後にゆっくり眺めたい一冊です。

    2006.3.14

  • この広告とCMは大好き

全34件中 1 - 10件を表示

淡交社編集局の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする