鈴木理策 熊野、雪、桜

  • 淡交社 (2007年9月1日発売)
4.22
  • (14)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 75人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473034328

鈴木理策 熊野、雪、桜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3つのシリーズを収めた写真集。ばらばらにならず一つの流れを持って見ることが出来るのは流石だなあと思いました。

  • 恵比寿へ行って見に行った。
    覚えているのは、大学時代の友達の声と
    会場の白さ、そして桜色。

  • こんなに儚く美しい日本があったのか

  • 写真一枚一枚ではなく、前後の写真がつながり
    映画のような「流れ」を味わえる一冊。

    それでいて、特に「雪」の写真は
    一枚一枚がとても美しい。

  • 毎年この2月から3月にかけて、
    つまり冬から春にかけてなんとなく
    眺めたくなる写真集。

    タイトルのように「熊野」から「雪」へ
    雪から「桜」へと静かに風景が流れるように
    続いています。

    今までぼくにとって「写真」とは、
    それ1枚で完結するメディアだったのですが、
    この写真集を眺めていて、写真集という
    一つの連続性の中で表現することで
    こんなにも1枚1枚が豊かになるのだなぁ。
    と感じさせてくれました。

    それと同時に、
    自分が同じ場所にいたら一体
    どんなアングルで撮るだろうか、
    そんなことも考えめくるページも
    また愉しいものでした。


    久しぶりに
    深いところから鳥肌が立って、

    やっぱり写真っていいなぁって

    そんな風に思えた一冊。



    雪の白から桜の白へ


    まるで夢でもみているように


    眺められる不思議な一冊



    読むのにかかった時間:30分

    こんな方にオススメ:透明な写真が好きな方

  • 都写美の展示は面白かった。桜の写真は、撮り方が、結構参考になります。
    撮りたいものは、どーんと撮れ!と言わんばかりの撮り方。

  • [作品]
    熊野、雪、桜
    [論考]
    崇高と空白|鷲田清一
    瞬間と悠久を行き交う写真 熊野を原点として|丹羽晴美
    展覧会歴/主要参考文献
    作品リスト
    (本書目次より)

  • 雪、桜、撮っているものはそれなのに放つ空気感がとてつもない。

    そして、美しい。

  • 一つ一つの写真が美しい。

    個人的には桜が好き。あんな構図で撮れる人いないのでは?

  • 熊野に、雪の白に、桜に。
    こころがそまった。
    2008.2

全11件中 1 - 10件を表示

東京都写真美術館の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
梅 佳代
有効な右矢印 無効な右矢印

鈴木理策 熊野、雪、桜はこんな本です

ツイートする