姫君たちの京都案内―『源氏物語』と恋の舞台

  • 淡交社 (2008年6月1日発売)
3.15
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 27人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473035219

作品紹介

日陰の身に泣かされたり、物の怪にとりつかれたり、入水したり…彼女たちの人生はつらいことばかり。それもこれもあの男のせい…。浮気な男にふりまわされた八人の姫君たち。千年ぶりに恋の舞台を訪ねる。浮気な男・光源氏も言い訳しながらご案内。

姫君たちの京都案内―『源氏物語』と恋の舞台の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「源氏物語」に登場する姫君たちと光源氏が、各々自分にゆかりのある場所を案内するという趣向。
    思っていた以上に面白かった。
    カバー折り返し部分と巻末の姫君紹介がユーモアたっぷりで笑える。

    途中から白黒なのが残念。せめて写真のあるところまではカラーにして欲しかった。

  • 内容はありふれたものが多かったのですが、藤原道長の「この世をばわが世とぞ~」の歌の解釈は素敵だな、と思いました。

  • 『源氏物語』の登場人物たちが京都を案内するという形をとった本。

    読みやすく、古典が身近に感じられるので『源氏物語』の理解を深めるのに役立つ一冊。

    この本片手に《『源氏物語』ゆかりの地散歩》とかやってみたい。

  • 何人かのお姫様が、源氏のゆかりの場所を紹介しています。
    写真も沢山載っているので素敵です(^-^)
    この本を読んで、京都にさらに行きたくなりました。

全6件中 1 - 6件を表示

蔵田敏明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

姫君たちの京都案内―『源氏物語』と恋の舞台はこんな本です

ツイートする