骨董屋の盃手帖

著者 : 勝見充男
  • 淡交社 (2008年12月17日発売)
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473035653

骨董屋の盃手帖の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全編通して作者の骨董への愛が伝わってくる本でした。特に写しの盃についての記述がさ…そうだよね写しって元のものをまねてそこからさらに上を目指す、立派な作品なんだよね…と色々思うところがあってちょっとしみじみ読んでいました

  • 古美術『自在屋』店主であり、テレビの鑑定番組にも出演している骨董商の著者が、自身が所有している酒盃の写真と、来歴や気に入っている点などを語った一冊だ。
    手に入れた価格が紹介されているものもあって、ああそのぐらいなら買えるね、というものから、とんでもない値段で恐ろしくて使えないような気持ちになるものまでさまざま。
    骨董を学ぶ、とか目利きになる、とかいうのではなく、さらりと読んで、ああこういうものもあるんだな、とうなずくような一冊だ。

全2件中 1 - 2件を表示

勝見充男の作品

ツイートする