茶話指月集 江岑夏書 (現代語でさらりと読む茶の古典)

著者 :
  • 淡交社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473037558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • う〜ん。正直期待していたものとは違ったな。。。笑

  •  茶道に興味があり、茶の湯の歴史・エピソードを知りたい人にちょうどいい一冊です。
     「茶話指月集」は、エピソードが満載。朝顔の話は特に有名ですね。利休居士の美学を垣間見ることができますが、中には利休嫌いになる人もいそうな気が・・・。
     「江シン夏書」は、道具の来歴だけでなく、「そうだったのか」「なるほど」と思わせるコツ・ポイントが書かれていたりします。
     1冊で2冊分、得をしたような気分です。

全2件中 1 - 2件を表示

茶話指月集 江岑夏書 (現代語でさらりと読む茶の古典)のその他の作品

谷端昭夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

茶話指月集 江岑夏書 (現代語でさらりと読む茶の古典)はこんな本です

ツイートする