日本画の愉しみ 小品絵画の魅力

著者 :
  • 淡交社
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473038579

作品紹介・あらすじ

京都の名画商・鐵齋堂主人が「小品絵画」にスポットをあて、その魅力と新たな愉しみ方を提案。京都・東京画壇を中心に80余名の作品と値段の目安を紹介。収録図版総数270余点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鐵齋堂店主が小品絵画を通して日本画の魅力を紹介。小品ではあるが、京都・東京画壇の一流作品を一堂に集結。鐵齋堂以外のものも多数ある。著者の強烈な執念が伝わってくる。いずれも小品と侮れない逸品だが、意外に安価。小品ならではの価格設定である。家の一間に是非飾りたいものである。

  • 絵のことはよくわからないので、
    「もし自分が家に飾るなら、どれがいいかなぁ〜」の
    目線でパラパラ見です。

    P126の加山又造さんの「墨牡丹」にちょっと惹かれました。

全2件中 1 - 2件を表示

川崎正継の作品

日本画の愉しみ 小品絵画の魅力を本棚に登録しているひと

ツイートする