実践!はじめての茶会

著者 :
  • 淡交社
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473039569

作品紹介・あらすじ

〈読むだけで終わらない、実践したくなる茶会の本〉
〈茶会を催したことのない人へ、実践に役立つヒントを教えます!〉

薄茶一服を点てられるようになった初心者の方、稽古を長くつづけていても茶会を催したことのない方に、茶会を催す実践のヒントを教えます。客として招かれたり手伝いをする一方で、亭主になるのは敷居が高いと思っていませんか。工夫と演出次第では、茶趣あふれる楽しいもてなしが可能です。本書では茶会の基本的な約束事を踏まえた上で、どのように道具組を考えればよいのか、手持ちの道具が少ない場合はどうすればよいかなど、実践に役立つ工夫を紹介します。また、四季の移ろいを感じる12 ヶ月の茶会例も掲載します。茶会のテーマや趣向を考える楽しみ、友人や社中を招待する喜びを伝えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡単にはできない。

  • お家で一服立てられるようになりたい。そんな時間を過ごしてみたいと思い手にとってみた。
    お茶を習ったことがない私にとって、手順や道具の解説が新鮮だった。
    「茶事」亭主がお客さんを招き、室礼や食事とお茶でおもてなしする。
    「茶会」亭主がお客さんを招き、室礼とお茶でおもてなし。
    お招きのお手紙から、掛け軸、花器、お花、器、お茶、お菓子、懐石、着物、某大な作法がある。分かっていたけれど、お金のかかる習い事だなーと驚愕。
    お家でお抹茶をいただく優雅な時間、わたしにそんな日くるのか⁉︎という気持ちになった。
    敷居は更に上がった…。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

裏千家名誉師範

「2014年 『実践!はじめての茶会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

入江宗敬の作品

ツイートする