これからの地方自治の教科書

著者 :
  • 第一法規
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784474069503

作品紹介・あらすじ

自治体職員や学生が、自治体の仕事や人口減少・ICTの活用など自治体を取り巻く今日的なテーマを切り口として、「地方自治」の理念や意義、仕組みを学べる。

〇学生や自治体職員、自治体議員などの地方自治の入門書として最適。

〇地方自治のしくみについて、非常にわかりやすく解説。

〇自治体の仕事と地方自治の理念の関係性がわかる。

〇人口減少や少子高齢化など、これからの地方自治が抱える課題がつかめる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多摩市が事例として取り上げられている。
    自治体と民間での協働のあり方のポイントは3点。
    民間を見抜く力を強める
    民間の行政化に気をつける
    別の民間を圧迫しないようにする

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/519564

  • 東2法経図・6F開架:318A/O63k//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大森 彌(オオモリ ワタル)
東京大学名誉教授


「2019年 『新装版 介護保険制度史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大森彌の作品

ツイートする
×