ガンディーの生涯 (上) (レグルス文庫 (153))

  • 第三文明社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784476011531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まず、本の構成について。
    解説が本文の左側にあり、本文との区別が困難、見づらい。下段にするとか一線を引くとか巻末にまとめるとか。
    「口語」文体で語った言葉が多く記載されているようだ。自伝から引用されているようだが、読みづらい。数が多すぎるのではないか。
    各章のつなぎ、続きの言葉は物語調で面白い。例、後に起こる事象は今回のこのことがきっかけとなっている・・・・・・

    ガンディーは観念を統一した。それをどのように伝えるのか苦慮していた。行動範囲が広くなるにしたがい、自分の行動が正しいのか曖昧になってくる。この点からはガンディーの偉大さを感じない。
    P116アンベードカルの名前が出る。解説文には、不可触民「マリール」の出身であり、その後の経歴が記されている。ガンディーの「ハリジャン運動」を消極的と痛烈に批判し、新仏教運動を主唱した。とある。
    14章個人的探求。この章には感銘した。無所有=平等は同義である。ガンディーの肉体と精神はキリストである。菜食主義者で自然回復の食事と生活を目指して行なっている。

全1件中 1 - 1件を表示

K.クリパラーニの作品

ガンディーの生涯 (上) (レグルス文庫 (153))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×