フリードル先生とテレジンの子どもたち―ナチスの収容所にのこされた4000枚の絵 (21C文庫)

著者 :
  • 第三文明社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784476116137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレジンで絵画を教えたフリードル・ディッカーに対する思い出とその前後に起きた事柄が、小説「アウシュヴィッツの図書係:ISBN 978-4087734874」の主人公のモデルとなったディタ・クラウスさんの語りと著者の説明によって綴られています。
    本人の口から出た言葉に小説以上の重みを感じました。
    児童書ですが、年齢を問わない一冊。

  • ドイツ軍の布告で父の仕事は奪われ、食料も自由に買えなくなっていた。ある日、母は黄色い布を星型に切って、みんなの洋服の胸に縫い付けていた。そして「これからは、必ずこの星のマークを付けておくのよ。そうしないと、とても恐ろしいことになってしまうの」と行った。黄色い星をつけて学校へ行くと、校門の前に立っていたドイツ兵が「こら!学校へ入ってはいけない」と怒鳴った。あの時の怖かったこと、びっくりしたことをはっきりと覚えている。でも友達と駆け足で教室へ入った。そうしたらいつも優しかった先生が「ユダヤ人は学校へ入ってはいけないことに決まったのだ。さっさと帰りなさい」と怖い顔をして言った。それっきり学校へは行かれなくなった。

  • アウシュヴイッツへの中継基地とよばれたテレジン収容所。生還者が100人に一人といわれた「地獄の控え室」とよばれた収容所でフリードルと子供たちが描いた絵画と生き残ったひとびとの証言が胸をうつ。人間の巣くう深い光と闇をわかりやすく紹介した一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1937年、東京生まれ
早稲田大学第一文学部仏文科卒業
コピーライター、PR誌編集長を経て、現在フリーで、ルポルタージュ、エッセイ等を新聞・雑誌に執筆
著書に
『くらしの風土記・埼玉』(かや書房)
『随筆集 雪やなぎ』(かや書房)
『フォト&エッセイ アンネへの手紙』(教育出版センター)
『絵画記録 テレジン強制収容所』(ほるぷ出版)
『テレジンの小さな画家たち』(偕成社)
『子どもたちのアウシュビッツ』(第三文明社)
『テレジンの小さな画家たち詩人たち』(ルック)
『15

「1992年 『15000人のアンネ・フランク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村路子の作品

フリードル先生とテレジンの子どもたち―ナチスの収容所にのこされた4000枚の絵 (21C文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする