あ・い・た・く・て (小さい詩集)

  • 大日本図書
3.68
  • (9)
  • (6)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477000701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 柳田邦男さんの本で、この工藤直子さんの『 あいたくて』が紹介されていた。読みたくて、この本を手に取った。

    愛犬を亡くしたちょうど今、本当に『 あいたくて』が心に染みる。
    他にも「痛い」「夜なか」「思い出」が心に深く深く染み込んでくる。

    悲しみに沈むとき人はきっと無性に詩が読みたくなるんじゃないだろうか。そして、そんな心に寄り添ってくれる詩があることの慰めを感じている。

  • 5/17は生命・きずなの日
    「だれかにあいたくて なにかにあいたくて 生まれてきた- そんな気がするのだけれど…」。

  • 読むと自然に頬が緩みます。
    まどみちおさんの世界観に近い感じ。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:911.56||K
    資料ID:95120958

  • それは私が感じていることなのよ。
    誰かにあいたくて、何かにあいたくて、そして何かを手渡したくて・・

    私は猫は苦手だけれど、この中で猫を観ているあなたに共感する。

  • 2011.1.29 佐野洋子さんの挿し絵がほのぼのとしてステキ

  • まずは自分から。
    それから人に目を向け、さらに周りの風景に目を向ける。

    そして、猫に気付き、出会う。

    じぶんにあう、ひとにあう、風景にあう、猫にあう。
    この順番。

    最後に、猫にあうってところが面白い。
    やはり、人生に猫は欠かせないのでしょうか。

  • 最初の見開きに泣きそうになった1冊。
    この本は迷いなく展示会で購入。
    切なくもやさしいまなざしで言葉が綴られた1冊。

  • 恋人にふられて家に帰ってきたら、頼んでおいたこの詩集が届いてた。恋人が好きだと言ってた本。

  • 詩集

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
冲方 丁
工藤 直子
宮部みゆき
東野 圭吾
村上 春樹
くどうなおこ
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×