しにがみとおばあさん

著者 : 鎌田暢子
  • 大日本図書 (2007年9月1日発売)
3.37
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477019000

しにがみとおばあさんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんか 死神が 気の毒(^o^;)

  • ぐちっぽいおばあさん。ある日つい「もういやだ、しんでしまいたい」と言ってしまいます。通りがかりの死神がそれを聞き・・・。おばあさんと死神のかけあいが楽しい1冊。(約10分)

  • 4-1 6分弱
    しにがみのマメな対応が受けていた。

  • おばあさんは、畑仕事、掃除、洗濯と毎日仕事がたくさん。
    「こんなに年をとっているのに、仕事が大変、誰もわかってくれない」と愚痴ばかり、ある日「もう死んでしまいたい・・・」と言ったばかりに、死に神に目をつけられて、何の仕事もない楽なところに連れて行ってやろうと、家に押しかけてきました。
    どんなに大変でも、やっぱりまだ死ぬのは嫌なおばあさん、ようやく死に神を退治して、明くる朝また畑に出ては愚痴を繰り返すのですが、ちょっと気持ちを入れ替えたおばあさんがかわいいのです。

    平成26年11月11日
    3年2組

  • 妙にまめな死神の姿が笑えます。

  • おばあさん、しにがみにいろいろ頼んだねぇ。
    ぐちをこぼすばかりだったおばあさんが、ぐちをこぼしながらも「生きていてよかったよ」というところがずんとくる。

  • 2012/09/25 6-1

  • おばあさんがたくましくて面白かった。しにがみはちょっとかわいそうだったけど、まあちょっといい加減だったから、仕方ないかも。

  • H22年5月 6-3
    H23年 6月 3-2

  • 2010年12月20日

    装幀/こやまたかこ

全13件中 1 - 10件を表示

鎌田暢子の作品

ツイートする