おかん

著者 :
制作 : 平田 景 
  • 大日本図書
3.80
  • (5)
  • (14)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477019901

作品紹介・あらすじ

「なあ、おかん。」「なんや?」「なあ、おかん。」「だから、なんやねん?」「あのなあ、おかん。…」もう、おかん、おかんってまいにち、まいにち…でも、まいにちたのしいのがいちばんやなあ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくとおかんの掛け合いが楽しい。
    親の立場でも子どもの立場でも楽しめそう。

  • いい いいよ。
    そう こんな感じのうっとうしさ(笑)

    何でもないやり取りを 母を追いかけながらしゃべっていたあの頃。
    そして 子どもに追いかけられたアノ日。

    あぁ ただ 関西弁のイントネーションが私はイマイチなので、
    絶対 関西出身の友人に読んでもらうぞ!!

  • 母と息子の他愛ないやりとり、日常の会話なのになぜかとってもおもしろい!(しかもオチまである!)
    関西弁だからなのか、それが母と息子というものだからなのか…?
    男の子、育ててみたくなります。

    人前で読み聞かせるには関西弁のアクセントや間が解っていないと、ちょっと難しい…いや、恥ずかしい(笑)

  • ほんと、子どもって 「おかあさん、おかあさん」って 1日に 何回言うか 数えたくなるほど 言いまくります。最後のオチの言葉…聞かれると いや~な気分になるのは私だけ!?

  • なあ、おかんとお母さんに声をかけ、気をひこうとする男の子の様子がほほえましいです。

  • 2014/06/17 4-1
    2014/07/08 1-2

  • 1年3組 2014/2/18
    4-4  2014/6/24

  • 3分
    高学年でウケ良

  • 母と息子の愛情いっぱいの毎日を関西弁の会話で元気で綴る絵本。

  • 16 関西だなー

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年神奈川県生まれ。2002年、平田景とふたりで“オフィスまけ”を設立。絵本の原作と文章を担当。

「2018年 『かいていとっきゅう しんかいせん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平田昌広の作品

ツイートする