ハリーとうたうおとなりさん (こころのほんばこシリーズ)

制作 : マーガレット・ブロイ グレアム  Gene Zion  Margaret Bloy Graham  小宮 由 
  • 大日本図書
3.86
  • (6)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (60ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477030432

作品紹介・あらすじ

ハリーのいえのおとなりさんは、うたをうたうのです。そのこえのたかくて大きいこと!ハリーはなんとかしてやめさせようとしますが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歌を唄うのが上手すぎるお隣さん。その声が苦手なハリーがなんとかやめさせようとする様子が微笑ましいです。字も大きく、どのページにも可愛い挿絵付きで、読み物を読み始めた子にオススメです。

  • 大きな声で歌うおとなりさんがハリーは大嫌い。あの手この手でお隣さんに歌をやめさせようとするけれど…。『どろんこハリー』のハリーが活躍する小学校低学年向け読み物。

  • 絵本でおなじみのハリーが読み物に!
    とにかく絵がかわいいよもう。

  • 犬は高い音が嫌なのか…絵が多めで読みやすい

  • おなじみのどろんこハリーがだいかつやく。ハリーのおとなりさんが、とても高くて大きな声でうたうので、ハリーはうんざりしています。なんとかうたうのをやめさせられないかしら。ハリーはいろんな作戦を考えてやってみますが、おとなりさんはますます大きな声でうたうばかり。そんなある日、おとなりさんがうたのコンクールにでることになり、ハリーはとっておきの作戦を思いつきました。
    めげないハリーをおうえんしたくなる、楽しいおはなしです。

  • おとなりさんの高い歌声が嫌いなハリーはなんとか歌うのをやめさせようとします。
    その奮闘ぶりが微笑ましいです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アメリカ・ニューヨーク生まれ。ニューヨークのプラット・インスティテュート卒業後、出版社で広告デザイナー・編集者を経て、フリーライター・デザイナーとして活躍した。1952年にデビュー作品である妻グレアムとの共作『ほら なにもかも おちてくる』(本作)がコルデコット・オナーを受賞。『どろんこハリー』(福音館書店)、『はちうえはぼくにまかせて』(ペンギン社)など沢山の作品がある。1975年没。


「2017年 『ほら なにもかも おちてくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジーン・ジオンの作品

ツイートする