きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)

制作 : マーク・シマント  光吉 夏弥 
  • 大日本図書 (1982年9月30日発売)
3.96
  • (18)
  • (14)
  • (17)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :163
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (60ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784477162119

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中古購入
    シリーズもの

    前回読んだ『まよなかのはんにん』は新装版だった
    今作はそうではなかったので比較すると
    新装版にあったイラストつき登場人物紹介と
    巻末にあった探偵の心得がなかった
    初めての小説であるなら
    やはり興味をそそる新装版が良いだろう
    個人的にはタイトルの書体をなんで変更したのか
    そこだけ惜しい
    新装前の方が書体に味があって良かったのに

    さて今作も我慢できずに子どもが持ってきた
    寝る前に長いの読みたくないのに〜
    今回の事件は物探し
    どこにあるのか探す仕掛けが
    なるほどね〜 これは楽しいわって感じ
    真相がわかった後にまた現場の挿絵を見に戻る
    そして私に得意げに説明をしだす子ども
    それさっきネート(主人公)が言ってたから(笑)
    これは私にもおぼえがあるので大げさに褒めておいた

    探偵ものの事件解決した時の爽快感
    自分も華麗に謎を解いてスゴイ!と言われたい
    妄想族あるあるですね
    またも探偵ごっこを始めようとしたので
    それは明日にして寝ようと説得するまでがワンセットなのでご注意ください(笑)

  • シリーズ第1巻。ぼくはめいたんていのネートです。とんでったふうせんも、本も、スリッパも、にわとりも、それにきんぎょも!ぼくひとりでみつけたんだ。さいきんおきたじけんはね、アニーがかいた、きいろい犬のえをさがすこと。だいすきなパンケーキもたべたし、たんていらしいかっこうにきがえて、いざアニーのもとへ──!
    再読。ネートが絵を見つけた時の説明うまいなあ!ネートの洞察力に感心!でもスーパーヘックス発見はたまたまだよね(笑)そしてパンケーキ大好きなところがかわいい〜。朝からパンケーキしか食べてない(^_^;)

  • ぼくはめいたんていネートです。
    好物はパンケーキ、相棒は犬のスラッジ。
    きょうも変な事件を解決しに行きます。

  • Y9-N14-L99

  •  歯なしの探偵(原作ではボクちゃん探偵シリーズ?)の渋柿信介くんみたいに、子どもだけど、探偵さん。
     見た目は子ども、頭脳は大人でなく、ホントに子ども。
     渋柿信介と違って、警察が登場するような事件には巻き込まれないけど、ハードボイルドな雰囲気でカッコイイ!

  • アニーのいもうと、ひどすぎ!

  • ぼくは探偵。大好きなパンケーキを食べていたら、探し物の依頼の電話がかかってきた。
    「私が描いた犬の絵」を探して!

    「ねこのしっぽをふんでさ、ねこをみつけた!ていうのが面白かった。ねこかわいい。」(M6)

  • パンケーキがとてもとてもおいしそうでした。

  • 2013/11/27

  • ちいさいとき大好きだったシリーズ。
    新装版がでてるらしい。

全24件中 1 - 10件を表示

マージョリー・W・シャーマットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
にしまき かやこ
くすのき しげの...
酒井 駒子
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)に関連する談話室の質問

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)に関連するまとめ

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする