私はこうして受付からCEOになった

  • ダイヤモンド社
3.70
  • (33)
  • (70)
  • (54)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 459
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 更迭後に見える景色(平凡な生活にこそ見出される幸せ)はハードなプロジェクトの後の一瞬の陽炎のようだ。この女性は、きっともっとハードな戦いに挑むだろう。女だって男と同じ。仕事から得られる喜びは一種の麻薬だ。

  • CEOになるまでの苦労を筆者の目線から述べています。
    タイトルからすると成功までの道のりみたいな内容かと思いましたが、苦労しどおしで、あまり輝かしい道筋ではありません。すでに筆者は更迭をくらい、管理職から脱落しています。それが幸せなのかもしれませんが、成功書ではないともいます。リーダー学としての読物ではいいのかもしれません。

  • 女性はどこでも苦労してるってこと。男性社会の社会の仕組みはそう簡単には変わらないだろう。自分の体験として実感する。 負けずに頑張ったんだな・・・苦労が痛いほど突き刺さった。辛くなって途中で読むのをやめた。大企業で女性管理職としてキャリアを続けることが前提であれば、良い教本。

  • HPの元CEO、カーリー・フィオリーナの自伝。HP CEO時代は見た目もよく非常に目立っていた彼女ですが、その後はぱっとしませんでしたね。ただ女性ながらHPのCEOまで上り詰めたそのやり方、興味があり読んでみました。様々な部署を転々とした彼女ですが、その先々でまずすることは現場の人にヒヤリングしまくることだそうです。また女性ならではの様々な苦労が描かれていました。

    ちなみにオリジナルのタイトルは"Tough Choices"。全く違いますね...。なんかこの日本語タイトルのつけ方もなんだか軽くてひどいと思います。

  • 莉雁ケエ隱ュ繧薙□荳ュ縺ァ譛?鬮倥?邨悟霧譖ク縺?縺」縺溘?ゅ≠縺ョHP縺ョ蜈イEO繝輔ぅ繧ェ繝ェ繝シ繝翫′螯ゆス輔↓鬲鷹ュ?ュ埼ュ弱↑繝薙ず繝阪せ縺ョ迴セ蝣エ繧堤函縺肴栢縺?◆縺九r邯エ縺」縺ヲ縺?k縲ら塙遉セ莨壹?繝薙ず繝阪せ縺ョ迴セ蝣エ縺ァ縺ョ螂ウ諤ァ阡題ヲ悶∈縺ョ闍ヲ謔ゥ縺ッ險?縺?↓蜿翫?縺壹?∽サ穂コ九∈縺ョ蜷代″蜷医>譁ケ縲∫オ?ケ碑ォ也ュ峨???∽ク?蜀翫〒邨悟霧譖ク10蜀贋サ・荳翫?荳ュ霄ォ縺悟セ励i繧後◆縲

  • "次期アメリカ大統領にという声もあるカーリー・フィオリーナさんの自伝的な本。
    女性がリーダーになる時の苦労を含めて、大企業のトップになるまでの軌跡を追っている。
    経営者とはどんなものの考え方をするのかが、よくわかりとても参考になる。
    不慣れな分野のリーダーになった時、意思決定をするにはどうすればよいのか?
    やっぱり、聞いて回るしかないのですよね。ただ聞くだけではなく、質問を繰り返すことで理解を深めていく。外から来たからこそわかる、組織の非効率な部分や欠陥を正していく。それには、コミュニケーションが重要。相手にわかる言葉で語り、相手の気持ちにも寄り添って同じ方向に進んでいく。これは、簡単なことではなく相当な胆力、体力、知力が必要。彼女はその能力があり、優秀なリーダー。"

  • 未読

    ◇秘書の仕事を通じて、働く楽しさに目覚める
    ◇売り込みの営業電話に恐れをなす
    ◇初の営業現場は、ストリップ・クラブ
    ◇裏切り、絶望、そして生涯最高の出会い
    ◇自分の人生は、自分のモノサシで測って
    ◇権力を使わなければならないとき
    ◇きっかけがあれば、変わることはできる
    ◇100年の歴史を持つベンチャー、誕生
    ◇世界で最もパワフルな女性
    ◇全員が変わりたいと思えるか
    ◇プロキシー・ファイト 他

  • 2008年06月19日 10:58

    元HPの会長兼CEOの著 
    解任の時に大きく報道されていたので気にはなっていたが、彼女の経歴や解任の経緯などについては知らなかった 

    フォーチュンの最もパワフルな女性に6年連続選ばれるくらいだから、「鉄の女」なのだろうと想像していたが、この本で読む彼女は、努力家でお茶目で人間味あふれる人だった 

    座右の銘である、老子の「最も理想的な指導者は部下から存在することさえ意識されない。部下から尊敬される指導者はこれより一段劣る。恐れられる指導者はさらに劣る。軽蔑されるのは最悪である」というのが心に残った 

    MBAやMITスローンで学んだことを自らの体験に生かしたり、重ねたり分析している面も興味深かったし、常にリーダーとはどうあるべきか、ということを自分に問いかけ実践しようと心がけてきた人なんだろうなと思った 

    彼女の立場から書かれているからなのか、HP取締役会の解任の決定が合点がいかない(本人も未だに晴れないようだ)が、3年以上経った今も 
    ビジネス界に復帰していないのは、CEOという仕事に全力投球し心底疲れたからなのだろうか?裏切りや欺瞞、ポリティクスに疲れ果ててしまったのだろうか 

    「えらくなりたい」とか「人の上に立ちたい」という野心ではなく、目の前にある仕事に全力投球してきた結果が彼女をCEOの地位に着かせた、という事実が心を打ったし、真のリーダーとはそういう人間であってほしいと思った 

  • なでしこ銘柄とか騒がれる昨今ですが、改めて男女差別を見たと思いました。あのアメリカでさえもそうなのか!と驚きました。

    ただ、その中でも常に明確な高い目標を持ち、曲げることなく突き進む姿には、尊敬を覚えました。常に会社を思いひたむきに走る姿は、やっぱりカッコイイ!!

    それと、本の中で垣間見れる大企業病の表現、「HPの建物は、どこもガーゼの包帯でぐるぐる巻きにされているみたい」と、そこに描かれている当時のHPの様子を読んで、背筋が凍りました。

    女性としての生き方を学ぶにも、衰退する企業やそれをどーやって立て直したかを知るにはもってこいの一冊です。

    HSD

  • 女性への偏見はいつになったらなくなるのだろう…と強く感じた本でした。
    「ビジネスウーマン」ではなく「ビジネスパーソン」として見てもらえるのは、いつになるのだろう…そんな時代が来るのだろうか?

全67件中 1 - 10件を表示

私はこうして受付からCEOになったを本棚に登録しているひと

ツイートする