ウォルマートに呑みこまれる世界

制作 : 中野 雅司  三本木 亮 
  • ダイヤモンド社
3.67
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000908

作品紹介・あらすじ

ウォルマートが微笑むと、どこかで誰かがクビになる。世界最大企業ウォルマートは、米国人の生活、国内外のサプライヤーと従業員、そして環境問題に至るまで、地球規模でますますその影響力を増している。ウォルマートに生殺与奪権を握られた世界を鋭く描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆チャーリーおすすめの一冊!
    物販ビジネスを手がける人はもちろんのこと、
    商売を行われている方、これから行おうとする方。
    更には商品の流通に興味のある方皆さんにおすすめです。
    本自体は既に販売からかなり時間が経過していますが、
    今読んでも充分に学べる内容が多いです。
    オススメの1冊となります!!

  • ウォルマートは自由市場の証か、滑稽な獣か。ウォルマートによってサプライヤーがどんな影響を受けるのか、細かく描かれてます。

  • ウォルマートの凄さを知るために読んだが、答えは得られなかった。
    他の同社を扱う書籍を読もうと思っている。

  • 「暴走する社会」を、ウォルマートというビッグカンパニーの側面から、事細かに解説している名著だと、僕は思います。
    定量的なデータと、数多くのインタビュー、ウォルマートの経営陣、ウォルマートの従業員、ウォルマートの消費者、ウォルマートのサプライヤーの経営陣と従業員、かつてウォルマートのサプライヤーだったが契約を打ち切った経営陣、などなど、紹介されている観点も多彩。
    広く「経済と社会」とテーマに関心がある方にはぜひ読んでいただきたい一冊。

  • ウォルマートって善、悪っていうことを非常に考えさせられる本。とにかく、グローバル化とはこういうことなんですね。

  • ウォルマートの影の部分でしょうか。面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

チャールズ・フィッシュマンの作品

ウォルマートに呑みこまれる世界はこんな本です

ツイートする