だから若手が辞めていく――ミドルがカギを握る人材「リテンション」の可能性

制作 : ダイヤモンド社 
  • ダイヤモンド社
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478001608

作品紹介・あらすじ

大量採用→大量離職の悪循環のなかで、今、ミドルができることは何か?明日から、現場から始められる人材定着化=リテンションのヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成長がみえない、できる人ほど見切りが早い。3年3割。自分だけじゃなかったようだ。

  • ◆会社を辞める若者の「やめる理由のホンネを知りたい」ということから企画され、20代の社員1000人に、仕事観、会社への不満、上司への期待といったことを調査。「3年3割」の問題を、若者がひとりでにわがままになった結果として起きたものとして捉えるのではなく、 10年に渡る景気低迷期に経営の内部に起きた変化が若者の意識に作用して発生した、と捉えている。あくまでも現状を描き出すことがこの本の趣旨なので、問題に対しての対応策や成功実例などあまり記述がない。若手社員の価値基準や思考を理解するための本。

    ◇会社を辞めていなくても、いつ辞めても不思議ではないような意識でいる

    ◇「自分が成長すること」には実に貪欲で、「早く戦力になって結果を出したい」と「成長実感」を激しく求めている

    ◇入社前とのミスマッチについては、企業が学生に対して極力、本当の仕事像を伝えるべき、としか言いようがない。やりがいや社会に対する貢献内容に加えて、やりがいと表裏一体の関係にある仕事の厳しさや試練について、企業がどこまで語れるかどうか

    ◇給料、仕事のきつさ、成長実感なし、が三大不満

    ◇結果がどうあれ、自分の力を試すことができたときに、成長実感が得られると思っている若者が多い

    ◇「しつこいとウザイ。でも適度にかまってほしい」というのが、多くの若者に共通する感覚

  • 2007年に刊行された本であるため、リーマンショック後の現在、2010年には少しかみ合わないところがある。
    が、私のOJTの上司が40代前半というミドル世代だし、私も社会人1年目のペーペーとして、共感することは多々あった。
    「今の若い人は全てのことに説明を求める」とあったが、私もよく疑問に思ったことは説明を求める。
    むしろ、今までは説明を求められなかったんだ、と驚き。
    うやむやにするのが気持ち悪くないのか。
    こういうところで、ジェネレーションギャップが起こり、コミュニケーションが取りにくくなってしまうのでしょうね。
    「急いで成長しようとしている」というところも共感。
    のんびり気長に成長しようとは思っていない。
    40代ミドルの言い分もなんとなく分かったし、ためにはなったかな。
    3年はだまって仕事しろ、か。
    難しいな。

  • お借りした本!!

    基本は40代ミドル向け。
    だけど転職傾向の「若手」世代こそ
    読むべきだなと思いました。

    「すべての仕事上の問題は
    コミュニケーション不足が原因」

    某団体で散々教わったことが
    現状の雇用環境分析と個人に焦点を当てた
    事例紹介を中心に書かれてます。
    さくさく読みやすい!

    3行要約すると、

    「●ミドル側は若手の育った環境を理解して適切な
    コミュニケーションをとること。
    ●若手側は3年は絶対にやめないこと!!」

    ってかんじ。

  • ◆会社を辞める若者の「やめる理由のホンネを知りたい」ということから企画され、20代の社員1000人に、仕事観、会社への不満、上司への期待といったことを調査。「3年3割」の問題を、若者がひとりでにわがままになった結果として起きたものとして捉えるのではなく、 10年に渡る景気低迷期に経営の内部に起きた変化が若者の意識に作用して発生した、と捉えている。あくまでも現状を描き出すことがこの本の趣旨なので、問題に対しての対応策や成功実例などあまり記述がない。若手社員の価値基準や思考を理解するための本。

    ◇会社を辞めていなくても、いつ辞めても不思議ではないような意識でいる

    ◇「自分が成長すること」には実に貪欲で、「早く戦力になって結果を出したい」と「成長実感」を激しく求めている

    ◇入社前とのミスマッチについては、企業が学生に対して極力、本当の仕事像を伝えるべき、としか言いようがない。やりがいや社会に対する貢献内容に加えて、やりがいと表裏一体の関係にある仕事の厳しさや試練について、企業がどこまで語れるかどうか

    ◇給料、仕事のきつさ、成長実感なし、が三大不満

    ◇結果がどうあれ、自分の力を試すことができたときに、成長実感が得られると思っている若者が多い

    ◇「しつこいとウザイ。でも適度にかまってほしい」というのが、多くの若者に共通する感覚

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
伊賀 泰代
トニー・ブザン
ハロルド・ジェニ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

だから若手が辞めていく――ミドルがカギを握る人材「リテンション」の可能性はこんな本です

ツイートする