効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.46
  • (287)
  • (515)
  • (1031)
  • (113)
  • (32)
本棚登録 : 4352
レビュー : 600
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家にあったので読んでみた。
    本の内容は、タイトル通り、知的生産を高めるため様々な技術の紹介(目次はこんな感じ。一部省略)。

    第1章:自分をグーグル化する方法
    第2章:1%の本質を見極める技術
    第3章:インプットの技術
    第4章:アウトプットの技術
    第5章:知的生産を支える生活習慣の技術
    第6章:人脈作りの技術
    最終章:まとめ

    外資系でキャリアを積んできた著者らしい、明快で実用的な方法が並んでいる。実践できそうなもの、かなり難しいもの、色々あるが、特に「アウトプットの技術」を読んで、ブログでの情報発信のモチベーションが上がった。

    そして、生活習慣の技術は当たり前のようで、忘れがちなこと。特に印象に残ったのは、
    ・集中力を続かせる一番簡単な方法は体力をつけること。(例:1日1万歩のウォーキングや週2回の筋力トレーニング)
    ・睡眠=情報処理の時間(毎日6-7時間の睡眠は効率的な生産活動に必要。寝ないことで失う情報を換算したら、寝ないという選択はできなくなる)

    とりあえず、私も著者のアドバイスを受けて、5つの自分のテーマを設定してみた。ブログを使いながら、知的生産力を上げるトレーニングをしていきたい。

  • 著者をなんとなく毛嫌いしていた感もあり、2008年頃に立ち読みして依頼、勝間本は読んでいなかった。
    最近Amazonレビューを見ていたら、著者の本がやけに評価下がっていて、さらに古本で1円になっていたので、今更ながらあえて購入。

    読んで良かった。
    タメになったこと、すでに実行していたこと、これはいいや…ということ、もう今更いらないな…ということなど、読みながらいちいち納得できることが多かった。

    文章も非常に読みやすく、売れるように作ってあるようだ。

    読んで損はないと思いました。

    もっとサイボーグみたいな人かと思っていたけど、かなり工夫して努力してるんだな…ということがわかりました。

  • あまりに超人じみていて、私にとってはまるで参考になりませんでした。

  • 新聞・雑誌・テレビ・ラジオは「4マス」
    あくまで加工情報であり、新鮮さが失われている
    大きなはずれはないが、単位当たりの情報量が低い
    他の人と差別化できるような新しい情報やフレームワークは手に入りにくい
    これらの4マスからの情報摂取時間を思いっきり少なくする

    知らない世界知らない情報について知るためのインデックスを作るために使う
    情報の伝えられ方のチェック

    本が格安の有料情報源
    保管しておくのは10分の1で、大切なのは著者が言いたかった骨子を頭に残しておく
    速読スキルを含め、スピード最優先

    地上波はめったに見ない
    ケーブルテレビでディスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルを見ている

  • この本のレビューを読んでいて、既にこの本で学んだものを取り違えている人がいることに気づく。「1500円の価値はあったかな?」なんてコメントがあった。この本を読んで、本の価値をお金の価値と見比べて「損した・得した」の話を始める時点で、その本質とズレていることに気づかないとは。。。。。
    具体的に、私がその日から始めたことは、本を読むこと。この本のおかげでそのきっかけに出会えたのだから、これはこの本との出会いに感謝。ビジネス書を読み漁るようになっている。勘違いしてはいけない、この本を読んだからといって劇的に変われることはほとんどないだろう。ただ、1つでも2つでも、「あ!」と思ったことをやってみるのなら、それは積み重なって全く別の自分を育んでいくかもしれない。マッキンゼーのノウハウなど、そういう至高のノウハウに触れるきっかけが得られても、それを詳しくインプットする行動力がなければ、何も変わらない。私は勝間和代が本書で紹介している本を片っ端から取り寄せている。それで何が変わるのかはわかないけれど、そういうことをやってみるきっかけが得られたというだけで、とても大事な本だと評価している。

  • 著者の知的生産に関する各種方法を公開した書籍です。
    読者の知的生産性、特に情報のインプット及びアウトプットの方法を飛躍的にあげる技術を提供することを目的としています。

    各章では、自分をグーグル化する方法、情報洪水から1%の本質を見極める技術、効率が10倍アップするインプットの技術、成果が10倍になるアウトプットの技術、知的生産を根底から支える生活習慣の技術、自分の力が10倍アップする人脈作りの技術、今日の5つの新しい行動から明日を変える、というタイトルでインプットやアウトプットの方法などが具体的に説明してあります。
    また、おすすめ書籍一覧や、英語オーディオブックの紹介などがあり、今後知識を広げていくにはいいと思う。
    ただ、年収が10倍に増えたという前作までと違って、今回の10倍というのは根拠がない点が若干気になる。

    【なるほどな点】
    ・「情報こそが現代の通貨である」ということです。(中略)したがって、知的生産性を上げるというのは、情報をいかに上手に入手し、自ら加工し、出力し、それを儲けにつなげるかということと同じなのです。(P26)
    ・多くの人は、お金儲けそのものや、お金が直接儲けられそうな情報にはガツガツと食いつくのですが、どうやってお金儲けにつがなるような情報を効率的に手に入れるかということには比較的淡白です。しかも、情報同士をつなげることについては、さらに淡白です。(P57)
    ・必要なことはただひとつ。「フレームワーク」という有用なものが多くあり、情報をフレームワークで束ねることで、効率的に情報を手に入れることができるということです。(P72)
    ・いっぱい、そのプロセスが何を目的としていて、他にどのような代替手段があって、同じ結果をより少ないインプットで出すにはどうしたらいいのか、常にフレームワークを使って考え続けるクセをつけるのです。(P79)
    ・結局、私たちの気力も体力も有限ですから、自分が得意なこと、不得意なことをしっかりと見極めて、ムダ玉を打たないようにするということです。(P85)
    ・(本というのは)2時間の労働成果(たかだか数千円)だけで、著者が何年も、何十年もかけて培った情報と交換させてくれるのです。(P88)
    ・結局いい本には概ね1万円の書籍代に対して1冊巡り合えるかどうか、ということになるのです。(P91)
    ・コツとしては、本をじっくり読まないことです。あまり欲張って、1つの本でわかろうとせず、1つの本から搾り取ろうとせずに、パーっと読んで、まずは自分の興味がある部分、わかりやすい部分を抽出して読んでしまいます。本を読む前に「なぜこの本を読むのか。この本から何を得ようとするのか」という課題を設定してしまうのです。(P94)
    ・何か買い物に行ったときに、目当てのフロアに一気に行って、すぐ買えるのではなく、他のフロアもブラブラ歩くと、とてもよい情報収集になります。(P143)
    ・睡眠は投資である。(P176)
    ・(自分の話を相手にわかってもらうようにするためには)相手のレベルをよく理解し、話をロジカルに分解して、説明するクセをつける。(P188)
    ・実際に大事なのは、日常のささいなことに気づいて、そのことに疑問を感じて調べてみて、新しいことを発見する、という繰り返しがアウトプットの技術なのです。(P197)
    ・たとえば、本の感想について、そのまま本に書いてあることをまとめるのではなく、必ず軸をつくって、自分の言葉でまとめるようにします。(P279)

    【参考図書】
    ・「知的生産の技術」(梅棹忠夫)
    ・「超整理法」(野口悠紀雄)
    ・「知のソフトウェア」(立花隆)
    ・「会計操作−その実態と識別法、株価への影響」(須田一幸、他)
    ・「決算書の暗号を解け!−ダメ株を見破る投資のルール」(勝間和代)
    ・「ロジカル・シンキング」(照屋華子、岡田恵子)

  • この本が出た時はまだ現役だった。とても刺激を受けた、というかショックだった。フレームワークとか、ベスト・プラクティックとか洒落た言葉に幻惑された。ところが十数年経った今、書かれていることで出来たことがあるかと考えると、これがほとんどない。マインドマップは、当時かなり頑張っていたが、役に立てほどは身についてはいない。
    ブログも最近書いてないな。「テレビを見る習慣の人はやめましょう」と何度も書かれているが、今も、1日4、5時間は見ている。
    そんなだらしない人間なのだが、こうした本をパラパラとでも見ると、頑張ろうと思えるから、こうした本の力は強い。

  • 著者は本は書いた人の自己表現だと言った。
    まさに、私を見て、私の話を聞いて感がとても強い。
    発行年も10年前なので、技術の進歩に驚くばかりです。
    実体験を元にしているので説得力はとてもあります。
    仕事と生活のHOWTOです。

    参考になった本を紹介されています。こちらは今でも参考なります。
    読書に投資を惜しまないと、、まさにその通りと感じました。

  • 電子化

  • 著者の書いた、「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」を読んでいたため、これといって衝撃を受ける内容はなかったが、インプットの再強化ができた。本文中や巻末で紹介されている、良書、オーディオブック、参考webページは大変参考になる。

    ・良い情報は自分に理解しやすい方法で取り込む。
    ・相手の理解度を意識して話を組み立てる
    ・Not to do listを作ることは大事

全600件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経済評論家。株式会社監査と分析取締役。中央大学ビジネススクール客員教授。1968年東京生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガンを経て独立。少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上、など、幅広い分野で発言を行う。最近では、テレビや雑誌で専門知識をフル稼働させた節約法や、自身の体験と研究からの家事、家電選びのアドバイスが人気。

「2020年 『自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝間和代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
安河内 哲也
小山 龍介
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×