10年つきあう株を見つけよう!

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.80
  • (7)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478002704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 応援したい会社を買って、あとは放っておけば良い。応援なら暴落しても持ち続けられる。「10年は売らないぞ」と思える会社を探す。

    長期投資家は相場や業績、投資の理論やテクニックなどすべて無視していい。

    誰もが入手できる情報やデータに「投資価値」はない。

    グローバルに展開する外需系企業が狙い目。インドや中国は何を欲しがるか。一番わかりやすい例がエネルギー。これからは太陽電池や燃料電池といった工業生産エネルギーのニーズが高まっていくはず。次世代エネルギー・食料・環境。〒

    自分が追求するテーマの中から有望銘柄を発掘。

  • どんな投資スタイルが、自分に合っているかを考えて、この半年ほど本を読み漁り、この本にたどり着いた。長期投資、日本の将来に貢献する投資、素直にかっこいい、せっかくならかっこよく投資したい!日経新聞のコラムでも澤上さんの話を拝読したが、この本を読み、さらに深く彼の思想を理解することができた。

  • 私が尊敬する投資家、さわかみ投信の代表です。
    この方の投資に対する考え方に感銘を受けました!
    私の尊敬する投資家は、ウォーレン・バフェット氏と澤上篤人氏です☆

  • 201009

  • 長期投資の考え方に新しい視点を得られた。

  • 長期の株式投資に関して、澤上氏が分かりやすく説明している。特に印象的なのは、株式投資の基本は、株価ではなく、会社を買うということだ。書いてあることすべてに賛同はできないが、こういう考え方もあることを知っておくのは有益であろう。

  • 株は会社の応援。
    長期投資で上がったら売る という簡単に出来そうな事が書かれているので、これなら自分にも出来ると思ってしまう読みやすかった本です。

  • 長期投資の指南書。将来の日本社会をいかに大局的に構想できるか。これが投資家に必要な要素であって、儲けよう(売り抜けよう)という動機だけでは企業や社会を応援していることにはならず、(売りの)結果として投資家自身の首を絞めることになる。自分がいいと思う会社を買い支えよう、という自信に満ちたメッセージは読んでいて元気づけられる。成熟経済では国内市場の拡大を望むのは難しいから、経費(費用)をいかに削減し利益を生みやすい筋肉質な企業体質にできるか。これを調べておけば、アメリカや中国の景気動向で一喜一憂することはないと。個人的に印象に残ったのは「投資は情報を捨てる作業からすべてがはじまる」(p95)という言葉。拾っているからこそ捨てられる。肝に銘じたい。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

さわかみ投信 取締役会長、さわかみホールディングス 代表取締役
1970年から74年までスイス・キャピタル・インターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年には日本初の独立系投資信託会社さわかみ投信株式会社を設立。「さわかみファンド」1本のみで、純資産は約2700億円、顧客数は約11万人超。

「2017年 『これが長期投資の王道だ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澤上篤人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
エリヤフ・ゴール...
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする